日本酒の感想 まずい日本酒

根知男山 純米酒

投稿日:2011年9月17日 更新日:

根知男山の純米酒を飲みました。
根知男山純米酒
これも新潟です。新潟、何連チャンだろう?(苦笑)
色々飲むうちに、新潟の酒に対する偏見も消え
(以前は新潟の酒=薄い味というイメージだったんだ・・・
・・・新潟県民、ホンマごめんちゃい。)
どこの県でも旨い酒、まずい酒があるんだなーと実感。
「どこの酒が旨いか?」というのは、
結局、意味がないんだーね。
と、酒屋の店長やってる割に、
今頃そんな事を痛感しています。
今日は「根知男山」なんですが
なんですが!
んー
これが、ちょっと難しい。
悪くはないんだが
どうもピンと来ない。
アルコールのアタックが強く思えるんです。
封を開けたばかりの日本酒は
アルコール感が強い事がたまにあり、
1日~2日経つと穏やかになる事があるのですが・・・
と、思って3日ほど経って
本日、飲みなおしてみましたが
やはり、アルコール感が強い。
僕がアルコールに弱いから、
というのでは無い。
それはない。
だって、もっぱら最近は
ウォッカ・マティーニのロックスタイルが好きな人ですよ。
(それもどうかなって?~笑)
ん~
なんでだろう・・・
雑な感じは受けないんです。
逆に上品さを感じます。
味も薄っぺらいワケでもなく、
新潟では太い味わいのほうだと思います。
ん~
でもピンと来ないんだよな~
この、「グワッ」とくるアルコール感が
どうも気になる・・・。
ネットで調べると、
評価は良いみたいなので
僕の苦手な酒という事なのかもしれません。
純米酒しか飲んでないしね。
いい加減な酒ではないので、
今度、違う機会に、違う銘柄を飲んでみよう。

レクタングル大

レクタングル大

-日本酒の感想, まずい日本酒

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.