焼酎の感想 まあまあな焼酎

青酎いも あの幻の焼酎が・・・

投稿日:2011年11月12日 更新日:

カスタム600の74

「青酎」という、青ヶ島の焼酎を飲みました。
青ヶ島は東京都なんですが、八丈島よりさらに南!
人口250人ぐらいじゃなかったかな。
そんな青ヶ島で造られる焼酎が「青酎」です。
あまりに手に入らない事から、
もはや伝説化してた焼酎なんですが
近頃、手に入りやすくなりました。
青酎は、杜氏さんが確か7人(6人?)だったか、
それぞれ味が違うそうです。
しかし今回、全国的に発売されたのは2種類。
25度の麦焼酎と
35度の芋焼酎です。
今回飲んだのは、芋の方です。
青酎芋1
久々に飲みます。
何年も前に、
日本料理屋でちょこっと一杯飲んだきり
青酎芋2
昔に飲んだときは、
かなり!クセが強かった覚えがあるんですが
その通り!
クセ強い!
それもそのはず、
これ、麹が「麦麹」なんです。
通常、いも焼酎は米麹で造るんですが
この青酎は麦です。
麦の香ばしさと、芋の風味とがミックス。
でも、意外とマッチします。
荒々しい風味と、オイリーな口あたり。
度数も35度あるので、
焼酎に慣れた方じゃないとキツイかも。
ただこれ、妙に後を引くんですよね~
こういうのを
「野趣あふれる」
と言えばよいのだろうか?
飲み手を選ぶ酒ではありますが、
一度、飲む価値はあります。

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-焼酎の感想, まあまあな焼酎

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.