日本酒の感想 旨かった日本酒!

日置桜鍛造きもと

投稿日:2012年3月12日 更新日:

カスタム600の74

鳥取県にある山根酒造さんが造る日本酒、「日置桜」と冠名が付きます。
その日置桜の生もと純米。
「生もと」っていうのは、日本酒の造り方の事で
すんげー強引に言うと、人工的な酵母を使わず自然に発酵させるやり方です。
って書くと!なにやら「生もと造りの酒」は丁寧に昔ながらの造り方でウマソー!
と、思うんですが、あくまで発酵の際の造る手順の一つぐらいだと思っていただければ。
「生もと」だからウマイ!ってワケではないんです(笑)
あれだ、パン屋でいうとこの天然酵母みたいな感じです。
天然酵母だからってウマイかどうかは別。
あとこれも天然酵母のパンと同じですが、クセがあります。
良く言えば味がパワフル。
好き嫌いが分かれる酒かな~と思います。
んで!日置桜の生もとはどうなのか?って話なんですが・・・
ウマイです(笑)
日置桜生もと
基本的に、日置桜の酒はどれもウマイです(笑)
さて、そうは言っても酒屋がブログ書いてんだから、もちっと書かないと。
ん~と。
やっぱりこの生もと純米も、かなりパワフル。
日置の酒はほんとに力がある。
あと生もと造りの特徴だと思うんですが
ぶりゅ!とした厚みがあります。
味わいは辛口。
いや~これ表現しずらい。
鳥取の山奥でもし、精悍な山犬に出会った感じ。
全然、意味不明だな(爆)
たぶんその犬は雑種か柴犬だ。
でも精悍な顔立ちなんだ。
なんかそんな味わい。
粗雑な要素もあるんだけど、気高さもあるぜ、みたいな。
いい酒です。
日置の酒は、僕の好みど真ん中なんで、つい褒めてしまうから
あえて言うと、完成度としてはまだ上にいけるような気がします。
なんかもう一つ、味が出せるんじゃないか?と思うところがあります。
そういう意味でいうと日置桜だと「純米吟醸・強力」が一番完成度が高い気がします。
やはり、まずはそこから。
この酒も扱いたいんだけど、
今は純米酒と純米吟醸のオーソドックスな所を定着させたいからな~!
また、おいおい扱うとするか!

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-日本酒の感想, 旨かった日本酒!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.