ワインについて物申す!

ロゼワイン、を書こうとしたら酒業界のグチに

投稿日:2012年5月20日 更新日:

ロゼタンジュ

ピエールプレヴァンのロゼダンジュを飲みました。

ちょっとウンチクですが表ラベルに「ROSE DANJOU」と書かれていれば、AOC(産地呼称)のワインなので、テーブルワインより、ちょっとランクが上です。

このAOCというのはフランスの国内法で、てっとり早く言えば「産地を名乗っていいよ」とお許しをえた食品。

決まった場所で決められた品種を使い、AOC=産地呼称の審査をパスしたというワケです。

ワイン以外でもブランデーもありますし、チーズやバターにもAOCがあります。

AOCが付いてたらウマイってわけでもないんですが、とんでもなく品質が悪い物もないです。

 

日本にもこういうのあれば、いいんですけどね。

国内のワインも今やすんごいレベル上がってます。

大手シャトーメルシャンは結構マジなワイン造ってますし、小さいワイナリーも全国にいっぱいあります。

ただ、こういうラベル表記に関しては、フランスやイタリアのような規定ができてないんですよねぇ。

 

日本はワインだけでなく、焼酎や日本酒の表記もグダグダです。

本格焼酎と名乗れるのは、原料100%とかありますが中途半端なんですよね。

例えば、原料に芋50%、その他50%でも、芋焼酎とは名乗れるんです。

裏に「甲乙混和焼酎」とは書かれてますが、甲乙混和ってなんだよ?って話です。

普通の人が見てもわからねえし。

ビールも酒税の関係でリキュールにしたほうが安いし日本酒も純米酒とか、本醸造とかわかりにくい!

もういいじゃないか!米と米麹で作れば「日本酒」アル添したら「合成酒」で!

あ、そうすると吟醸酒が困るのか・・・(苦笑)

少量のアル添でキレを出した吟醸酒は確かに「技」だと思うけども・・・

 

また、最近思うのが、他県の米を使っても「地酒」という事。

いい米を探して他県の米を使うのは悪いとは言わないが、それがはたして地酒なんだろうか?

うーむ。難しい。

 

そういや聞いた話し、アメリカでの話なんだが日本の焼酎が「SOJU」という棚にあるらしい。

ラベルにもSOJUと書いてる焼酎まである。

SOJUと書いたら、韓国のスピリッツになるやんけ!

調べると、アメリカではSOJUで登録するほうが酒税が安いらしいんだ。

そういう問題か?と思うのだが・・・

なんか、こういう日本の酒業界のグダグダ具合が

勘弁ならん!

ついでに言うと、岡山でやたらとある、

「さぬきうどん」

と書かれた、マズイうどんが勘弁ならん!

(爆)

ごめんね!香川県民!

本場のさぬきうどんは、あんなに不味くないよね!

いかん・・・今日はロゼワインを書くつもりが・・・

めっさグチ書いてしまった。

酒の感想は後日に(笑)

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ワインについて物申す!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.