日本酒の感想 旨かった日本酒!

1990年製造の26年の大古酒。これは真剣に飲むべし!

投稿日:2012年12月23日 更新日:

今年もあとわずか。
このブログを読んでいただいてる貴重な方に感謝です。
お店の会員さんには先にメールで案内しましたが
ブログを読んでくれてる方にも紹介したい!
その酒がこれ

大正の鶴、備前朝日1990 純米原酒。

うむ。1990年です。
そう!
26年物!
俺はこれを飲んだときは
たまげました。
今まで飲んだ古酒とは、レベルが違う!
旨い!

旨いっつか

すごい!
大正の鶴備前朝日1990
え?なんで写メを鉛筆画加工してんだって?
これがですね
あれだと思うんです。
この酒に限っては
へたに情報が無いほうが
楽しいと思うんです。
だって、
26年前の酒ですぞ!
味、想像できます?
なので、画像も詳細は伏せておこうと思います。
大正の鶴1990
瓶を横から撮った物。余計にぜんぜんわかんないっすね(苦笑)
年間にすごい数を試飲するワタクシですが
旨いと思う酒は多いが
すごい!と思う酒は、年に数本、あるかないか。
そして間違いなく
この古酒はスゴイ!と
断言できます。

んー、あんまり味わいを書きたくないのだが
味わいを書かずに、どうオススメすればいいんだろう
(笑)
えー
こんな人に飲んでいただきたい!
たとえば、日本酒は辛口から甘口まで幅広く行ける方!
日本酒も飲むが、ワインも飲まれる方!
グラッパが好きな方!
古酒が好きな方!
逆に今まで古酒を飲んだ事が無い方!
(うお、これで古酒デビューっすか、贅沢すぎ)

そして!
こんな方には残念ながらオススメできないです。
日本酒は辛口しか飲めない方。
(ほんのり甘みあるんで)
日本酒は、吟醸酒が大好き!って方
(吟醸香は全く無いです)
そんな方は、ちょっと買わないほうがいいと思います。

こういうヤツは買うな!というのが
なんとなく興味本位。
酔えれば何でも一緒。
日本酒が嫌い(笑)
店長が嫌い。(爆)
あ、いやでも、俺が嫌いでも
この酒は旨いから飲んでくれ。
(笑)
まあ、冗談は置いて
ほんと、なんとなくで飲んでいいような酒ではないと思います。

この酒は落酒造さんが、「朝日米」という米で作った第一号。
第一号だったんで、全部売らずに、記念に少し取っておいたらしいんです。
10年目ぐらいまでは、どんどん色が濃くなったらしいのですが
いつからか、逆に色が薄くなっていったらしいです。
どうしてそうなったか?というのは
蔵の方も謎だそうです。
蔵の方がぶっちゃけてましたが、
この古酒はいわば「偶然の産物」だそうです(笑)
もう一度作れと言われても、無理!だそうな。
ま、20年以上保存しておくってのが、無茶な話。
そんな感じで
とっても貴重です!
今日、明日で無くなるような限定酒ではないのですが
数に限りがあるのも事実です。
味わって飲んでくれる方にだけ飲んでいただきたい!
というのが僕の願いです。

ちょっとやりすぎたか?
と思うのが、この酒のショップの商品画像を作ったんですが
古酒20年物
これだと絶対、通りすがりの人は買わねーよなー
(笑)
それでいいんだけれども・・・
ミステリアスにしちまいましたが
面白がっていただけたら幸いです。
面白いのは、すごく軽く冷やして、ワイングラスで。
常温をオチョコで飲むのも、また良し!
常温で飲んだ後は、ぬる燗でも美味しいです!
この記事を飲んでピンと来た方!ぜひ正月にコイツで乾杯しちゃって下さいませ!

追記(2012/01/12)
おお!つっこまれて気がついた!
「26年物」と書いてますが
「23年物」の間違いです。
1990年に作って2013年だから、23年じゃんね!?
なんで間違ったんだろ俺・・・
数も数えられんのかー!
と、我ながらアキレタ
(笑)

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-日本酒の感想, 旨かった日本酒!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.