ワインの感想 旨かったワイン!

シャトー・ローズ・デュ・ポン これは当たりだ!

投稿日:2012年9月11日 更新日:

シャトーローズデュポンというワインを飲みました。
フランスのボルドー、メドック地方のワインです。
メドックなんだけど、値段は安くて1980円。
シャトーローズデュポン

メドックで2千円切ると、味は期待できないかなー
と思いきや!

当たりだ!

久々に、ちゃんと世界観を持った赤ワイン!
むせかえる花束のような香りはなく、
どっちかっていうと、カシス系の香り。
香りは大人しいほうなんだけど
味わいが「ぎゅっ」と詰まっている。

メドックはズッシリとくる重厚なワインが多いですが
これは、「重厚」というより「濃醇」って感じかな。

 

メドックとはナンゾ?
という方の為に、ざっくり説明すると
フランスのボルドーの中の
さらに限られた地域です。
フランスはワインの表記にはルールがあり
地域が細かくなればなるほど
ランクが高いという事になります。

フランス→ボルドー→メドックと

日本→東京→品川区

みたいな感じです。

メドックは、さらにこの上に
1級から5級までランクが付いたシャトーがあります。
シャトームートンとか、シャトーラフィットとか
一度は聞いたことがあるような有名シャトーがずらりあります。

今回のこのシャトーローズデュパン、
メドックの高級ワインのような、なめらかさと熟成しきった感じはないんだけど
味わいに奥行きはあります。
余韻もあるし、しっかりしたワイン。
カジュアルと、フォーマルのちょうど中間って感じでしょうか。
もしくは
ポップスではないんだが
オーケストラでもない。みたいな。
熟練者が弾く、室内楽四重奏ってとこだろうか。
ブドウの比率がカベルネ55%とメルロー45%ってことで
カベルネ好きな僕には、渋みがぎゅっときてなんとも好み。
ボトル半分ぐらい飲んでも
「いやーやっぱコイツ、いいね」
と、思えるから
これは掘り出し物なんだと思う。
ウチの店、ワインの種類は少ないから
これは入れねば!
と思って輸入元を見ると
国分株式会社。
なんだ、国分かよ!
と、若干ずっこける。
この国分が輸入してるワインで
「シャトーモンターニュ」という銘柄は
何年も前からウチの店で扱っているワインなので
こりゃすぐに仕入れれるな、と。
っつうか
こういうの持ってるなら
早よ、言わんかい!営業!
(笑)
シャトーローズデュポン2
売り手が売りたい物と
買い手が買いたい物ってのは
妙にリンクしないんですよね。
なんでだろ。
酒や食品だけでなく
レストランとかでも
その店のオススメが外れるってのは
よくありますよね。(笑)
あ、それでかな
この前、常連さんに言われたのが
「ブログで褒める酒って、自分の店で売ってるやつは褒めるんじゃないですか?」
って言われまして・・・

カッチーン!

とは来ずに
ねちねちと説明してやった。
(笑)

確かに世の中、店のオススメなんて話半分で聞くもんだが
基本的に僕は
自分が気に入った酒しか入れない。
「うまい酒しか入れない」というと
ま、酒は好みもあるので
万人が飲んで旨いとはいかないだろうけど
少なくとも僕の好みの酒である。
僕のフィルターを通して選んだ酒を
次にお客さんのフィルターで選んでくれれば
漠然と探すより
きっとお気に入りの1本が見つかるはずだ。
って事なんだよ。
わかったか!M君!
(笑)
解説:M君は僕がボルドーマニアにしてしまった若者である。
「店長、新しいの何かないの?俺、2周しちゃうよ」とか生意気な事を言うヤツである。
「新婚旅行は、こりゃ、フランスっしょ」とか言うヤツである。
その前に彼女だろ、とは当然ツッコンだが。(爆)
だはは。許せ。ネタにしてしまった。

いや、そんな事は置いておいて
(笑)
このシャトー・ローズ・デュ・ポン
さっそく扱います!
久々にネットショップにも出します。
派手さはないが
ぎゅぎゅっと渋みと旨みが詰まった良いワインだと思います!
イチキュッパー(1980)以上のポテンシャルはあると思います。
お試しアレ!

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ワインの感想, 旨かったワイン!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.