日本酒の感想 旨かった日本酒!

大正の鶴 落花流水 純米

投稿日:2012年10月22日 更新日:

落花流水という日本酒の感想です。
私の地元、岡山のお酒。
落酒造という所が造っています。
冠名は「大正の鶴」
大正の鶴落花流水
「落花流水」ってどう読むんだろ・・・
らっか・・・りゅうすい?・・・かなあ?
花ガ落チ水ニ流レル
ってわけですね。
いかん、高校時代の嫌な漢文を思い出しそうだ。
(苦笑)
せっかく旨そうに酒なのに。
金星人みたいだった国語の先生の顔を振り払い(爆)
いざ!飲む!
おお!
なかなかに
ウマイじゃない!
さすが、落酒造。
この蔵は小さいんですが
なかなか良い酒を造ってまして
以前にも、この大正の鶴は純米酒特別純米酒を飲んだ事があります。
けっこう、太い味わいで辛口の飲み応えある酒を作っとりまっさ!
今回の落花流水は、
やはり味わいは太めで辛口なんですが
甘味がほんのり感じられ
口あたりがなめらかです。
これで、アルコール感が「ぎゅっ」っと締まると
もう完璧なんだが。
まあ、でも充分にウマイか。
確か杜氏は
僕と変わらないぐらいの年だったと思うんですが・・・
(30半ば)
うーむ。やるな!
先が楽しみな蔵じゃ!
やはり落酒造はウチでも扱うべきだな。
落くん!
いや、落さん!
ウチの店に入れてくんろ!
オラ頑張って魅力を伝えるだよ!
裏ラベルを見ると
落花流水2
この「落花流水」というのは
「相思相愛」という意味があるらしい。
いいね。
落酒造に対して
今、俺は片思いの状況だ。
今後、取り扱うようなったら
生産者と売り手の
相思相愛な関係を作りたいもんだ。

レクタングル大

レクタングル大

-日本酒の感想, 旨かった日本酒!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.