日本酒の感想 旨かった日本酒!

日置桜 強力 23BY

投稿日:2012年10月6日 更新日:

昨日の特別純米に続いて、もういっちょ日置。
ウチの店ではすでに扱っている、鳥取の日置桜の強力。
鳥取の山根酒造が造る純米吟醸です。
現在、店で売っているのは22BYで、これは23BY。
強力23BY
「BYとは、なんぞ?」
という方に説明しておくと
BYは「ブリュワリーイヤー」、つまり製造年度の事で
ちょいとややこしいのが、「年度」って事です。

20BYなら
平成20年の4月から、平成21年の3月まで。
日本酒は、寒い時期にしか作れないので
造る期間が冬、10月から2月ぐらいに限られます。
途中の1月で分けてたら、面倒でしょうがねえって事から
日本酒(焼酎も)製造した年は年度で表します。
あ、でも大きな蔵だと1年中造ってる蔵もあります。
なんでも、完全に室内を温度調整できる設備があるとか。
でも、そうなると、蔵っていうより、工場ですよね。(苦笑)
ま、それが悪いわけじゃないけど。。。
まーそんなウンチクは放っておいて(笑)
日置桜の強力。
何度も飲んでますが
やっぱ、ウマイ。

僕が、自分の好きな日本酒を10本選ぶとしたら
多分、これは入るだろうと思う。
純米吟醸なんですが
吟醸香は控えめで
フルーティーなタイプではないです。
ギュギュッっと辛口。

売られている強力は、22BY
つまり2年熟成した物なんですが
これは23BY、去年仕込んだ物なので、まだ1年目。
蔵の方から頂いた試供品です。

2年物に比べると
まだ旨味がのってないというか
まろやかさが無い感じなんですが
その分、スッキリ感はあって
これはこれで、うまいっすよ、山根社長。
なんつうか、
ビーフシチューを作ろうとして
途中の肉と野菜を炒めたあたりで
我慢できずに食べた感じ。
(笑)
もういいじゃん!煮込まなくてもウマイじゃん!
とか言ってね。
細かいところなんですが
この23BYは、その前の22BYより余韻が長いような気がします。
これが、もう一年熟成させるとどうなるのか
今から楽しみではあります。
僕は以前、鳥取の居酒屋で飲んでいたとき、
隣に出張で来たらしきサラリーマンがいて
何を飲もうか迷っていたので
「あ、強力飲んだほういいっすよ」
と声をかけた事がある。
(笑)
見ず知らずの人に声をかけるのは
いかがな物か?とも思ったが
鳥取は日本海に面していて、魚も非常に旨い土地なので
やはり、日本酒。そしてその店は強力を置いていたので
同じ酒飲みとして、黙っては見ておれん!っちゅうワケです。
(笑)

強力はギュギュっとした分厚い味わいなんですが

同時にキレもある酒なので

合わせるのは、やはり和食、魚かなーと思います。
同じ日置だと純米酒とかだったら、
刺身とかより、むしろ洋食と合わせちゃうトコなんですが。
結構、コロッケとかつつきながら純米酒の燗がいけるんです。
いやーしかし!
強力!
ウマイ!
僕が手放しで褒める数少ない日本酒の一つです。
23BYはまだなので
それまでは
22BYを飲みましょう♪(笑)

レクタングル大

レクタングル大

-日本酒の感想, 旨かった日本酒!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.