焼酎の感想 旨かった焼酎!

麦焼酎 草地 なかなか旨い。

投稿日:2012年11月20日 更新日:

大分の麦焼酎「草地」(くさじ)を飲んだ感想です。
「草地」は大分の宇佐市にある「常徳屋酒造場」、というところが造ってるようです。

私、ここ数年、けっこう焼酎を飲んできたつもりですが
まだまだ飲んでない焼酎は多いですねー!
この焼酎、飲むの初めて。
名前も知らなかった。
常徳屋酒造場という蔵も知らなかったし(ごめんなさい)
焼酎は造っている蔵が、ほぼ九州になるので
日本酒よりは数が少ないはず。
それでも
焼酎を極める道は、まだまだ遠いなー!

ただこの、常徳屋酒造さんがある「大分県宇佐市」って
麦焼酎の蔵が、かなり多い気がする。
全国的に有名な「兼八」も宇佐市だったはず。
ウチの店でイチオシしている久保酒造も宇佐市。
他にも何個かあったはずなんだが・・・んーすぐに思い出せないが
まあ、そんな感じで宇佐市は麦焼酎の蔵が多い。
なんでなんだろ。
もし宇佐市の方が、このページを見たら
情報求む!
(笑)

大分県には、まだ行った事がないので
早いトコ行ってみたい!
麦焼酎といえば大分だし!
大分は温泉も多いし
あー!行きてー!
(爆)
まあそんな感じで
この焼酎は、ちょっと期待しちゃうぜ。
では!ざざんっと!
飲んでみますか!
草地1
おー
意外と、すっきり
味わいはすっきりなんだけど
口あたりは、なめらか濃密。
これ、なんて言えば伝わるだろう
けっこう俺、初めてのタイプ。
濃厚な「お吸い物」って感じでしょうか
お吸い物で濃厚って、どんなだよ!って例えなんですが(笑)
なんかそんな感じ。
ほんのり麦の香ばしさ。
いいんじゃない。旨い旨い。
飲みやすいけど、飲み飽きない。
草地2
ラベルがけっこう今風なラベルだったので
もっとシャープなイメージだったんですが
いい意味で違った。やさしくて、まろやかです。
草地裏ラベル1
裏ラベルを見て、驚き!
これ、減圧蒸留だった!
俺、減圧で造った焼酎は今まであんまり好きじゃなかったのに!
減圧蒸留とは、その名の通り通常の気圧より低い状態で蒸留する装置です。
低い気圧なので、沸点がさがるのが利点です。
理科で習いましたよね?え?習ってない。
あ、そう。ま、私もさっきウィキペディアで調べたんですが
(爆)

ま、小難しい話は置いて
この減圧蒸留で造った焼酎は、芋も麦も、
すっきりとした飲みやすい焼酎になることが多いです。
ただ、私の場合、どうもそれが「薄い」って感じに思えて
今まで減圧で造った焼酎で、それほど好きになったのはないんですが
だからこの草地は、ちょっと意外です。
確かに、飲みやすくて、すっきりしてる感じは減圧っぽいとも言えるんですが
口あたりの濃密でなめらかさ感じが、減圧って予想できなかったです。
よし!気に入っちゃいました!
気に入った酒に出会った時の
恒例行事!
蔵元ぉ~
アタッッック~!
(笑)
うまい!と思った酒ならば
扱えるように
頼んでみないと!
【追記】
常徳屋酒造さんにお願いして
扱えるようになりました。
ネットショップにも出してます。
草地和風ラベル
僕が飲んだのは、どうやら限定ラベルだったようで
店に入っているのは、ラベル違いの和風ラベルです
麦焼酎が好きな方はもちろんですが!
芋派の方もお試しあれ!すっきり飲みやすいタイプですが
こいつはちょっと一味違いますっ!まろやか、かつ、すっきり!

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-焼酎の感想, 旨かった焼酎!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.