日本酒の感想 まあまあな日本酒

「雄町米で作ったおいしい純米酒」という長い名前のお酒。

投稿日:2013年3月12日 更新日:

岡山の櫻室町。
この蔵はひたすら「雄町米」にこだわる蔵である。
雄町米っつうのは、お酒造りに適したお米で、岡山で盛んに作られてます。
米粒が大きいので、食用には向いてないらしいです。
さて、そんな雄町米で作った酒が、名前もそのまま
「雄町米で作ったおいしい純米酒」
というお酒を飲みました。
キャッチコピーをそのまま製品名に、のパターンだな。
「じっくりコトコト煮込んだスープ」と同じだ。
(笑)
こういうの嫌い!とは言えないのが
実はこの「うまい酒ブログ」の前の名前が
「安くて旨い酒をひたすら探すブログ」
というタイトルだったのだ!
(笑)
長くてお客さんに伝えづらいから、
途中から思いっきり略した今の「うまい酒ブログ」に変えたんだが。
なので!気持ちわかるから
この名前、良し!
(笑)
すげー昔に飲んだから
ちょっと味の細部を忘れてます。
あらためて飲んでみよ。
雄町米で作ったおいしい純米酒1
あ、そうか。
そうそう。そうでした。
これ、思ったよりアッサリなんですよ。
雄町米を使った酒は、だいたい太い辛口の味が多いのですが
このお酒は、
さらりとしてて、後味もサッパリ。
悪くはないんですけどねー
ここの櫻室町が出してる「特別純米・雄町米」のほうが
僕はダンゼン好きだなー!
あっちは「でっぷり」とした辛口の男酒で
雄町米の特長を、ある意味、一番出してるお酒だと思ってます。
あーでもそうか
日本酒に慣れてない人なんかだと
この純米酒を飲んでから、
次にさらに濃厚な特別純米を飲んだほうが、ぜったい解るな。
そういう意味では、住み分けの意味があるか。
雄町米で作ったおいしい純米酒
たしかに、やさしい飲み口で、
このちょっと可愛らしさのあるネーミングもわかる。
店に入れるか、どうするか・・・
・・・
・・・
んー!
難しい!
自分の店では、ついつい自分の好みの酒を勧めるので
このサッパリした純米酒は忘れてしまいそうなんだよなー。
よし、んじゃあ
櫻室町さんのホームページを
リンクしておこう。
(爆)
http://sakuramuromachi.co.jp/

-日本酒の感想, まあまあな日本酒

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.