ワインの感想 まあまあなワイン

ピエールポネル・ボジョレー・ヴィラージュ・プリムール2012(いまさらボジョレー④)

投稿日:2013年2月19日 更新日:

えー2月になったのに、いまさらボジョレーの記事を書いてます。(苦笑)

前の記事で「2012年は稀に見る外れ年」と書いたんですが、これ、間違いかも。

「大不作の年」ではあるんですが、「外れ年」という情報と「普通」という情報があるので、外れ年じゃないかもしれません。

んー、なんかの雑誌では「外れ年」と言われてたんだが・・・

ま、書いててなんですが

もう店頭にはない、ボジョレーヌーボー。

来年の秋に参考にして下さい。(爆)

 

んで、3本目!

ピエールポネル・ボジョレー・ビラージュ・プリムール

ピエール・ぽねる・ボジョレー・ヴィラージュ・プリムロール2012

輸入元は国分株式会社という所。

国分は確か、ワイン輸入業者の中で6位か7位ぐらいの輸入量。

サントリーやメルシャンほどではないですが、大きな会社です。

 

実はこのワイン、去年2011年は「出た!ホームラン!」と思った銘柄。

今年も期待してました!

だがしかし!

どうした?ピエールポネル!

口に含んだ時は、濃密さとまろやかさがあり、お!高級!と思わせる。

去年もそう思った。メジャー他社のボジョレーには無い高級感。

だが・・・・

ブドウの香りが弱い!

そして香りが弱い割に、樽の香り、付き過ぎ!

去年も樽香はしてたけど、それがいい感じだったのに

今年はそれが鼻に付く!

か~!

香りの問題以外は良く、すごく残念だ。

はっきり言うけど今回、失敗作だよ。(爆)

ま、レベルの高さは解るので、来年も飲むけど、いったいどうしたんだ?

 

凡ミスっていうか、3番バッターがサードゴロ。

そんな感じ。

お前、軽々センターに返せるだろっての。

くそみそに言ってますが(笑)

このピエール・ポネルのボジョレー・ビラージュ・プリムールは、他のメジャーなボジョレーに比べるとレベルが一個違う飲み応えあります。

なので、来年はオススメです。

って!勧めていいよね!国分さん!(笑)

ちなみに、自分の店では、これを売りました。

買っていただいたお客様、

不味くはないけど

今年はもうちょいでしたね。

すんまっせんでした!

 

こういう事あります。

ヌーボーは買う前に試せないので。

はー。

2012年のボジョレー・ヌーボーは

たいぶ、バラつきあります。

これで3本目か

  • アルベールビショー
  • モメサン
  • そしてこのピエールポネル。

今のとこ、モメサンが一番旨いかな。

 

 

-------以下 追記-------

ボジョレーって何?という方には、ざっと解説してます。

 

ちょっと昔から最近まで、ボジョレーヌーボーの記事一覧を入れときます。

ワインは造った年が違えば別物になるんで、買う時の参考にはなりませんが(苦笑)

おお、あの年か!なんて暇つぶしになれば。

 

2012年はやたらと飲みまくってみた年です。

「ボジョレーヌーボーなんて、どれ買っても同じ」と思ってたんですが、メーカーによって当たり外れがめっちゃありましたわ。自分でも意外でした。

 

2017年はこれと、ジョルジュのボジョレーしか飲んでないです。どっちも旨かったなぁ。

 

ヌーボー以外でボジョレー地区のワイン、実はいっぱいあります。

いっぱいあるけど、あまり飲んでないのよね(笑)あまり売ってないし(苦笑)

下記二つは通常のボジョレーよりランクひとつ上がります。「村名ワイン」とでも言いましょうか。

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ワインの感想, まあまあなワイン

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.