ワインの感想 旨かったワイン!

ボジョレー・ヌーボー・ポー2012 (いまさらボジョレー⑤)

投稿日:2013年2月19日 更新日:

2月にやっと暇が出来たんで、いまさら書いてます。

2012年のボジョレーヌーボー飲み比べの記事。(笑)

4本目。

ボジョレー・ヌーボー・ポー2012

造ってるのは「オージュ社」というボジョレー地区のネゴシアン。

ネゴシアンってのは、色んな畑のブドウを使ってワインを造ったり、または、ワインを瓶詰めしたりする大手ワインメーカーの事。

輸入元はキッコーマン。

なんやねん、「ポー」ってって思ったら、昔の量り売りをしてた時代の瓶の形らしい。

ボジョレー・ヌーボー・ポー2012

見た目、かっちょええ・・・・(笑)

そして飲んでびっくり!

なんとも、まあ!

まろやか!

 

ボジョレー・ヌーボーと言ったら、フレッシュな香り、じゅわっと酸味。

ライトだけど、ようはフレッシュ感を楽しむ物。

というのが、だいたいの人のイメージだと思うんですが、このポーとやらは、ひじょうに濃密。

これで1500円っつうのは、出来すぎ。まじで出来すぎ。

ちょっと、危機感を覚えちゃいます。

これだと2千円ぐらいで売ったほうがいいと思うんだが。

 

 

・・・・。

 

 

-------以下 追記-------

ボジョレーって何?という方には、ざっと解説してます。

 

ちょっと昔から最近まで、ボジョレーヌーボーの記事一覧を入れときます。

ワインは造った年が違えば別物になるんで、買う時の参考にはなりませんが(苦笑)

おお、あの年か!なんて暇つぶしになれば。

 

2012年はやたらと飲みまくってみた年です。

「ボジョレーヌーボーなんて、どれ買っても同じ」と思ってたんですが、メーカーによって当たり外れがめっちゃありましたわ。自分でも意外でした。

 

2017年はこれと、ジョルジュのボジョレーしか飲んでないです。どっちも旨かったなぁ。

 

ヌーボー以外でボジョレー地区のワイン、実はいっぱいあります。

いっぱいあるけど、あまり飲んでないのよね(笑)あまり売ってないし(苦笑)

下記二つは通常のボジョレーよりランクひとつ上がります。「村名ワイン」とでも言いましょうか。

 

 

レクタングル大

レクタングル大

-ワインの感想, 旨かったワイン!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.