ワインの感想 まあまあなワイン

2012年のボジョレーヌーボー飲み比べ、まとめ。

投稿日:2013年2月26日 更新日:

カスタム600の74

ここ数日で、去年に飲んだ、ボジョレーヌーボーの記事を書きました。
ジョルジュデュブッフ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー
モメサン・ボジョレー・ヌーボー
アルベールビショー・ボジョレー・ヌーボーなどなど
だいたい全国的に売られている銘柄は書きました。
マニアックなやつは、書いてません。
感想としては
サントリーやメルシャンといった大手が入れているボジョレーは
大外れは無い。
どれも、まあまあ旨い。
飛び抜けて旨いってもんでもないですが・・・
でも、思ったより、バラツキはあった。
今まで、お客さんから
「どのボジョレーを飲むのが良いか?」
と聞かれたら
「2千~3千円ぐらいのきちっとしたヤツなら、どれでもOKですよ。」
と答えていたが
今年は、かなり味にバラつきがあった。
俺の認識では、ボジョレーヌーボーって
そんな旨い物でもなく、そんな不味い物でもない。
そして、それほどメーカーが違っても大差ない。
という認識だったんですが、間違いでした。
そして
1000円を切るような、安いボジョレーは
初めて飲んだけど
思ったより、ひどかった。
逆に、3000円から5000円ぐらいの
ちとお高いヌーボーも何本か飲んでみたのだが
こちらは、不味い物はない。
でも、んー・・・
すんごい旨い!って物にも出会わなかった。
値段に見合っているか?というと、難しい。
ボジョレー・ヌーボーで旨いのを買うコツってないか?
って常々思ってたんですが
結論としては・・・・
やっぱり
無い!
予想は無理!
(苦笑)
酒屋が言うのもなんだけど
ヌーボーってやつは、
ブドウを収穫して、ハイスピードで醸造してワインにして
空輸で送られてくるもんである。
これ
仕入れる前に試飲できないから
出たとこ勝負なんだよねえ。
(笑)
ワインなんて、
年によって味が変わる代物なのに
「今年のボジョレーは当たり年ぃぃぃ!」
なんて適当に言いながら、
酒屋は飲んでもない物を
売るのである。
(笑)
あ、そうか
閃いた。
うまく買うコツ。
解禁日に買わない。
(爆)
解禁日から数日経てば
ネットにある程度は感想が出るし
仲の良い酒屋なんかがあれば
どれが美味しいか教えてくれるだろう。
でも・・・
やっぱ解禁日に飲みたいよねー!
(苦笑)
さて、今度は、ヌーボーではないボジョレーを飲もうかなー。
ボジョレーはヌーボーばっかり有名なんですが
ヌーボーじゃないボジョレーは、旨いの多いんですよ。
そういえば、
2012年のボジョレー地区は
歴史的な
大不作!の年だったから
ヌーボーじゃないボジョレーってあるんだろうか?
(苦笑)

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-ワインの感想, まあまあなワイン

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.