そのほか酒の感想 リキュールの感想

プルシア フランスの梅酒ですね 劇ウマ

投稿日:2013年3月3日 更新日:

カスタム600の74

プルシア、という梅のリキュールを飲んだ。

フランス産の梅リキュール。

プラムリキュール・プルシア

暗いところで撮ったので、見づらい・・・

(苦笑)

「プラムリキュール・プルシア」について

いや、待て。

「梅のリキュール」って言ったらイカンのか。

「プラムのリキュール」がおそらく正しい。

フランスに梅って無くね?

自分で言っておいてなんですが。

よくよく考えたら、フランスに梅は無いよな、と。

「梅」を英語にすると「plum(プラム)」になっちゃいます。

ですが、海外のプラムって「スモモ」だったと思います。

日本のスモモとまた違ったりします。

スモモ

さらにややこしいのが、海外のスモモって色々あるんすわ。

日本でスモモって言ったら、小さい桃みたいなヤツですが、あれ以外にもっとあります。

緑色で酸っぱいやつもあって、酢漬けにしたりと、使い方としてはオリーブに近いかも。

でもやっぱり「梅」とは違う。

じゃあ、桃なの?

と言われると、プラムも梅もバラ科の植物だったと思うので、兄弟っちゃ兄弟。

プラム・リキュールって珍しい!

前置き長くなりましたが、そんなワケでプルシアは今後プラム・リキュールと書きます。

それで、リキュールって星の数ほどあるんですが、プラムは珍しい。

唯一、覚えがあるのが「スロー・ジン」と呼ばれるプラム・リキュール。

でも、これはスモモの仲間の「スローベリー」を酒に漬けた物。

なので、梅酒って世界的に見れば珍しいけど、同じくプラムリキュールも珍しい。

期待度高まる蒸留元

プルシア見た時に「珍しいリキュール出たな」と思ったんです。

僕はてっきり、リキュールと言えば「ボルス」か「デカイパー」あたりが造ったんだろな、と思ったんですが・・・

「ルイ・ロワイエ社」どこそれ?

調べたら、コニャックのメーカーじゃありませんか!

これは、期待大!

パターンとして、梅酒とブランデーって相性良いんですよ。

チョーヤ梅酒の高級品「エクセレント」もブランデーですからね!

んじゃ、飲みますか!

プルシアの感想

やられた!

そう来たか、という感じ。

コニャック(ブランデー)のメーカーが造ったので、そのブランデー風味が豊かなリキュールだと思ったんですが・・・

すんげえ、クリア!

透き通った甘さと香り。

スッキリとした上品さ。

旨い!

高級感もバッチリです。

さすが、おフランス。

おフランスがリキュール作ったら、こうなるか!って感じの高級感。

さらっとしながら、香り高い。

見た目の期待どおりの旨さだ。

どんな味わいか?

高級感とか、上品、とかばかり言ってるので、どんな味かと言うと・・・

んー、やっぱり梅酒です!

(爆)

スモモのイメージは無いです。

ただ、すげえ上品です。

日本の梅酒との違いは、べたつかない甘さとキレの良さ。

これなら全然ストレートで飲める。

日本は今、どこの蔵もたいがい梅酒を造っているんだが

このプルシアのようなパターンの梅酒は無い。

これ、梅酒でも、この方向性は造れると思うんだけどなぁ。

フランスに対しちょっとジェラシー。

(笑)

これもあえて「梅酒」として自分のランキングを考えると、トップ10に入るかも。

そのぐらい、ちょっと評価高いです。

漬けてるスピリッツがキモでしょうな。

なんでこんなにスッキリしてて、上品なのか?

おそらく、プラムを漬けてるのが「ブドウのスピリッツだから」

ブドウを発酵させてアルコールを造り、それを蒸留した物です。

それを樽で熟成して行くと、晴れてブランデーとして完成するわけですが。

ブドウのスピリッツってどんな味?

と、思った人は「シロック(CIROC)」というブドウで出来たウォッカがあります。

こちらも、おフランス産。

今度、シロックで梅を漬けてみようかなー、なんて、一瞬考えたけどプルシア買ったほうが安いな。(苦笑)

プルシアの飲み方

梅酒の場合、お湯割りだったり、ソーダ割りだったり飲み方いろいろですよね。

プルシアの場合、もうロックがビタです。

お湯割りもソーダ割りも、まずくはないんですがロックが一番です。

口当たりがサラサラしてて、味もスッキリしてるので、お湯割りにするとその良さが無くなる。

お酒に弱い方で割るとするなら・・・

  • ソーダ
  • オレンジジュース(100%)
  • グレープフルーツジュース(100%)
  • 冷えたダージリン

ここからおすすめしない割り方

  • トニックウォーター×
  • コーラ×
  • ジンジャーエール×

お酒には強い方は、これを使って色々カクテルできそうです。

スパークリング・ワインで割ったら、旨そう!

でも、単品として完成されてるんで、やっぱりロックが一番かなと思います。

感想まとめ

ちょっと昔に、キューカンバーのリキュールが出て、びっくりした思い出があります。

キューカンバー、キューリですね。

旨いのか?んなワケない。(爆)

その時、思ったんですわ。

「もう、リキュールは出尽くしたな!後は重箱の角つつくだけだわ!」

今日は、その思いを考え直しました!

酒の世界は深い!広い!

いやあ、梅酒でこんな色々考えさせられるとは!やるな!

・・・て、俺やっぱりコイツを梅酒あつかいじゃん。

(笑)

プルシア 特徴やその他の情報

  • 醸造元:ルイ・ロワイエ社
  • 生産国:フランス
  • 原材料:プラム、スピリッツ
  • 分類:リキュール
  • アルコール度:15度
  • 予想価格:2500円(700ml)

プルシアの人気に調子に乗ったか?ルイ・ロワイエ社、新商品を出しましたわ(苦笑)

  • ミスティア(マスカットのリキュール)
  • キミア(クムカット=金柑のリキュール)

二匹目のドジョウを狙うと、失敗するのが世の習い。

でも、やっぱり飲んでみたい。(苦笑)

ミスティア・マスカットリキュール
ミスティア これも旨い。

プルシアの姉妹品、ミスティア。 プルシアは梅のリキュールだったが、ミスティアは、マスカットのリキュー ...

続きを見る

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-そのほか酒の感想, リキュールの感想

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.