ウイスキーの感想 旨かったウイスキー!

グレンモーレンジ 旨いけどちょっと苦手

投稿日:2013年3月8日 更新日:

今日は久々にシングルモルト。

「グレンモーレンジ」というウイスキー。

むかぁ~し、昔に飲んだハズなんだが、ちょっと覚え違いしてた。

グレンモーレンジについて

グレンモーレンジ

今日飲んだのは、「グレンモーレンジ・オリジナル」と言って、一番下のランク。

一番下でも10年物です。

この上に18年物と、あと熟成させる樽を変えたバージョンがいくつか存在します。

ややこしいんで一覧。

  • グレンモーレンジ・オリジナル(10年、ホワイトオーク樽)
  • グレンモーレンジ・18年(ホワイトオーク樽)
  • グレンモーレンジ・ラサンタ12年(オロロソ樽)
  • グレンモーレンジ・キルタルバン(ルビーポート樽)
  • グレンモーレンジ・ネクタードール(ソーテルヌ・ワイン樽)
  • グレンモーレンジ・シグネット(ノンチルフィルター、深煎りモルト)

味のバリエーションいっぱい。

大人のファンタみたいなもんですわ。(笑)

価格としては、だいたいオリジナルが4000円、18年とか他が8000円ぐらい。

グレンモーレンジ・オリジナルの感想

すっきり系だと覚えていたのだが、久しぶりに飲むと思ったよりピート香があり、スパイシー!

忘れてたぁ!

ピート香がある!

しまった!お前、こんな感じやったっけ?という感じ。

シングル・モルトの中で、この「ピート香」ってやつは、好き嫌いが極端に別れます。

ピート香ってどんな香り?

「ピート香」または「スモーキーな香り」と、モルトの世界ではこのキーワードがよく出てきます。

どんな香りか?早い話が「正露丸」。

味わいも「塩辛い」みたいなニュアンスがあります。

「潮の香り」なんて表現もされるんですが、苦手な人からしたら、やっぱり正露丸です。

(苦笑)

そして僕も苦手です。

(爆)

初心者向きでは無いと思う。

このグレンモーレンジは、商品紹介とかで「オレンジのような柑橘系の香り、スッキリとした味わい」なんて紹介される事が多いのですが、それよりも前にピート香がいける口か?というのが分かれ目です。

モルト通の間でも評価の高い一本なんですが、つまるとこ、初心者向きではないです!

ラフロイグやボウモアと言ったアイラ系が大好きな方には、ピート香は弱めなんで、逆に物足りないと思います。

グレンモーレンジ 特徴やその他の情報

  • Glenmorrange
  • 醸造元:グレンモーレンジ蒸留所
  • 生産国:スコットランド(ハイランド)
  • 原材料:大麦
  • タイプ:シングルモルト・ウイスキー
  • アルコール度:40度
  • 予想価格:4000円(700ml)
  • おすすめの飲み方:ストレート・ロック・水割り

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ウイスキーの感想, 旨かったウイスキー!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.