ワインの感想 まあまあなワイン

アスティ・トスティ in南淡路ロイヤルホテル 

投稿日:2011年1月12日 更新日:

アスティ・トスティを飲みました。
イタリアの甘口スパークリングワインです。
アスティ3
実はこれ、淡路島の
「南淡路ロイヤルホテル」
という所の
「スカイレストラン・ブルージュ」
という所で飲みました。
アスティ2
アスティを飲んだコメントとしては、
「安くて甘くて、そこそこおいしい」
うむ。
そんなところ。
(笑)
まあ、女性でも飲みやすく、使い勝手の良いスパークリングワインです。
実は言いたかったのは、そこではなく、
話を最初から言いますと、
淡路島には、ウチのカミさんと、友人のカップルと、
4人で行きました。
あまり予算がなかったので(苦笑)
ネットから、安いプランを探して
見つけたのが、
南淡路ロイヤルホテル
夕朝、2食付で
14800円
安い!
僕らは、別々に予約を取ったのですが、
友人が探し出したプランはさらに安い!
夕朝、2食付、
10500円!
わお!
どーですかお客さーん!
しかも、食事は、和・洋・中から選べれる。
しかも、ホテルには大浴場も岩風呂もある。
まあ、部屋は選べないんですけどね。
それでも充分です。安い!
で!ここまで読んだ人は予想すると思います。
そういうパターンで良かった試しはない!とね。
そう!
僕もそう思いました。
そこそこのメシと部屋だったら御の字よ。
メシはなんとなく、洋食にしました。
そして二日後、
(笑~二日前に予約したのだ)
ホテルに着き、
レストランへ。
結構マジなレストランで驚く。
メニューを見て、さらにありゃりゃ・・・
アスティメニュー
これ、2食付、14800円の宿泊プランのほうですが、
間違えてない?
「フォアグラのブイヨン煮、大根 茸添え」
「玉葱を使ったボルシチスープ仕立て」
「河豚(ふぐ)のコンフィー トリュフ風味」
などなど・・・
俺の?ハテナは膨らむばかり、
うそでしょ?なんか、マジなフレンチじゃない?
で!
食った!
前菜のフォグラのブイヨン煮を食った
!!!
お!
おいちー!!!
ざっくり簡単に言うと、フォグラと大根の洋風おでん
ひじょ~~に、やさしい味。
そこからは、
出るもの出るもの、
全て旨い!
地元の野菜が旨い!
それの使い方が、また上手い!
友人たちのメニューは、僕らとは違うメニューだったけど、
決して見劣りする事もなく、旨かったです。
食うことに熱中して・・・
アスティデザート
気が付けばデザート
あ!写真撮っときゃ良かった!
(爆)
いやしかし・・・
すげーよ。
この値段の宿泊プランで出る料理じゃねえ。
値段もそうだし、
普通、ホテルのレストランって、
「まあまあ」じゃない?
しかも、ここは淡路島。
はっきり言って、
なめてました。
料理長!すまん!
あんた、すげーよ!

そしてスタッフ、
観光地の大型ホテル、大型旅館って、皆さんも大体思うように、
おざなりなサービス精神でしょ、
フロントのM田さん、レストランのM上さん、N島さん、
畑は違えど、同じ接客業の人間から言わしてもらいますけどね!
あんたら、
最高だ!
え?なんで褒めるのに偉そうな口調かって?
そりゃ、
ちょっと嫉妬してるからだよ!
(爆)
同じ接客業をする人間として、
いい仕事を見ると、ちょっと腹が立つ。
(笑)
いちゃもん付けるか。
M上さん、パンに付けるバター、一瞬忘れてたでしょ?
料理長、デザートのチョコムースは、ちょっと甘さが強すぎないか?
今時は甘み抑え目が主流だから、もちっと軽めでも良くないか?
ふう。
一矢報いた。
(爆)
おっと、
一番いちゃもん付けなきゃいけない奴を忘れてた!
友人W氏!
10500円でいい思いしてんじゃねー!
(笑)
まあ、友人W君も、反省してました。
「やべえ、これはこの値段で泊まっちゃいけねえ・・・」
だよね~。
まあ、2食付、一人2万でも全然文句ないと思う。
朝食はバイキングなんで、夕食ほど感動はありませんが、
きちんと美味しかったです。
大きなホテルですので、
全てのスタッフが素晴らしいとは思いません。
若干、「アルバイトだろうな」と思える人もいました。
でも断言できちゃいます。
俺は淡路島に行ったら、
もう、ここしか泊まらねえ。
そして、
料理長の洋食しか食わねえ。
たとえ、甘いチョコムースが再び出たとしても
(爆~俺、まだ言うか)

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ワインの感想, まあまあなワイン

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.