ビールの感想 旨かったビール!

よなよなエール うまっ!

投稿日:2013年8月12日 更新日:

おおー!

コンビニで!

よなよなエールが売ってる!

これは買わねば!って事で今日は「よなよなエール」を飲みます。

よなよなエールについて

よなよなエール

「よなよなエール」は、軽井沢にあるヤッホーブルーイングという会社が造っているビールです。

名前「よなよなエール」と、エールが入っているように

日本では珍しいエールタイプのビール。

エールタイプとは、ざっくり言うと、醸造の仕方が上面発酵で造ったビール。

この反対がラガーで、下面発酵。

日本の大手ビールは全て下面発酵。

ラガーとエール、どっちが優れているワケでもないが、私は、どっちかっていうと、エールのほうが好き。

日本のクラフト・ビールがついにコンビニに!

若い方は知らない話ですが、90年代には、ちょっとした地ビール・ブームがあったんです。

その頃は「銀河高原ビール」とかちょっと流行りました。

今は地ビールって言い方より、クラフト・ビールという言い方のほうが定着してると思います。

そんなクラフト・ビール、海外からの輸入も増えてきて、静かに広まってますよね。

ちょいちょい聞く、このクラフトビールとは、小規模生産のビール。

コンビニで見たときには「おお、ついに、こんなのコンビニで見るようになったのか!」と思いました。

よくよく考えると、「よなよな」はクラフトなん?

よくよく考えると、コンビニに入ってると言うことは、全国のコンビニで売られてるって事ですよね?

それって・・・小規模なん?

そんな疑問もあって、ちょっと調べてみると、大手キリンと資本提携してました!

うーむ。

アメリカだと「クラフト・ビール」と名乗る場合は、生産量とか独自資本75%以上とか細かい規定があるんですが、日本の場合、そんなのは無いので判断に困る所。

ま、旨けりゃいいか!

よなよなエールの感想

さてさて、そんな薀蓄(うんちく)は置いて、よなよなエール。

味わいは、どっしりとしたコクがあり、ホップの爽やかな香り(グレープフルーツとかに近いっちゃ近い)

後味に来る苦味も良い。

缶ビールでこれだけのレベルなら、大満足です!

しかし、やっぱり、ローソンで買えるのが違和感ありあり。

そんな大きな会社だっけ?この会社。

生産を拡大すると、味が変わってしまうことも多いので、変わる事無く、このままのビールを造っていただきたい。

っつうか、ひょっとしたら、もう変わってたりして。

(笑)

だってね、オリオンビールなんかは、昔に比べると、全然、味が違うよね!

(爆)

昔から「よなよなエール」を飲んでいる方いたら情報、求む。

(笑)

僕は、ここ最近になってこの「よなよなエール」を知ったので、違いがあっても解らないんだが・・・どうだろう。

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ビールの感想, 旨かったビール!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.