日本酒の感想 まあまあな日本酒

魯山人 特別純米原酒 まずまずです。

投稿日:2014年2月18日 更新日:

魯山人って何よ?!
って所なんですが
私の場合、
「この大馬鹿者!」
ってなセリフを吐く海原雄山を勝手に連想してしまう
魯山人と聞くと。
(笑)
魯山人というのは、北大路魯山人という人で
書道や陶芸といった芸術の大家であり、美食家であったらしいです。
すんごい人らしいです。
「美味しんぼ」で読んだ程度の情報しか知りませんので
魯山人の事はこの辺にして(笑)
魯山人特別純米
んで、
この「魯山人」と名をつけた日本酒を飲んだ感想です。
一言で言ってしまうと
まあ、いんじゃない?
という感じ。
バランスよく仕上がってまして
ちょっと辛口。
ただ、これといって際立った長所がないようにも思えます。
う~む・・・
こういう「ほどほどに良い」というパターンは
どう評価するかが難しい。
けっして悪くない!悪くないけど
次に買う事はないと思う。
例えば、帰宅時に
ふと思い出して
「あー今日はあの酒が飲みてーなー、なら、あそこ寄って買ってくか。」
という事にはならないと思う。
星の数ほど酒があって
もう一度飲みたい!と思わせるには
「何か」が必要だと思う。
じゃあその「何か」って何よ?って話しなんだか
個性か?完成度か?味か?
何とも断言はできないので、
難しい。
・・・何だか、今回の話はやたらと
「何」という漢字ばかり書いてる気が
(笑)
・・・・そしてオチは何もない。
(苦笑)

レクタングル大

レクタングル大

-日本酒の感想, まあまあな日本酒

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.