日本酒の感想 旨かった日本酒!

純米大吟醸・鵬(おおとり) さすが!

投稿日:2014年3月21日 更新日:

諏訪泉の直売所へ行った際、純米大吟醸・鵬のミニボトルを発見!

純米吟醸のほうは、何回も飲んだ事があるのですが大吟醸のほうは一度しか無い!

だって!

一升、一万円ですぞ!

なかなか手が出ません。

それが、ミニサイズならば1260円。

飲みますか?

飲みますっ!

(笑)

 

岡山から諏訪泉の蔵まで、車で2時間30分。

豪雨の中、雪もちらほら残ってます。

神経を使う運転です!せっかく来たからには買いますよ!

諏訪泉純米大吟醸鵬

ほんと、小っちゃいんすよ。

でも、ワクワク。

ガキの頃、ファミコンのカセットを買った時みたいに、テンション上がります。

(笑)

しからざれば!

いざ飲まんや!

(ん?文法へんだな)

飲むべし!

おおとり!

諏訪泉純米大吟醸鵬

・・・お

・・・おおお

なんつうか

「ただいま」って感じ。

(笑)

 

俺、おおとり好きだなぁ。

日本酒の、美味しいとされる要素、フルーティーな香りとか、酸味と甘味のバランスとか、そういう方向の真逆に突き進んでます。

さらりとした口当たりと、さらりとしたのど越し。しかしコクは深い。

吟醸香はあまり無く、熟成香がする。

あ、前よりちょっと柔らかいか?

とも思ったけど、今までで一度しか飲んでないから

違いは、わかんね!

(笑)

諏訪泉純米大吟醸鵬

180mlで、1260円って事は・・・

この一杯で何円なんだろう?

(笑)

もう「アッ」という間に無くなります。

純米吟醸の鵬を飲もうかなぁ・・・

 

造りの詳細を書いておくと原料は山田錦。

「冨田農場」という兵庫の契約農場の物を長年使っているみたいです。

製造年度が無かったので、何年熟成かハッキリしませんが多分、2年熟成。

諏訪泉って蔵は、だいたい2年以上は寝かします。

 

僕はこの諏訪泉の事を、勝手に

日本酒界の哲学者

と、呼んでいます。

鵬(おおとり)を飲むと

「おいすぃ~♪」

って感じじゃなくて

「むぅ。やるぅ」

って感じです。

(笑)

どっしり来ます。

 

もう、この蔵は完全に独自の哲学で生きてます。

でも蔵の事務所に掲げられた言葉は

「天のない酒造り」

つまり、あくなき追求です。

いいなぁ、この蔵。

尊敬!ヾ(スゴ゚Д゚イネ)ノ

 

ただ、こういう熟成系は苦手な人は苦手だと思います。

いきなりこの純米大吟醸を買われるよりは純米吟醸・満天星とか純米吟醸のほうの「鵬(おおとり)」を買ってみて下さい。

好みに合えば、ぜひ一度、この純米大吟醸を!

同じ日本酒でも熟成系とフルーティー系って、もう全く世界観が違うと常々思います。

東洋と西洋ぐらい違うんじゃないか、と。

ブルースとジャズというか・・・あ、ブルースは意外に明るい曲も多いから違うか。

男性オペラと、女性オペラ、みたいな感じでしょうか。

熟成系は、腹に響く迫力の男性オペラ。

フルーティー系は、高らかに歌い上げる女性オペラ。

だからでしょうか?

この純米大吟醸・鵬を飲みながら

ショスタコの交響曲5番を聴くと、妙に合います。

く、暗いなぁ・・・俺。(苦笑)

レクタングル大

スポンサードリンク
日本酒サケタク

レクタングル大

スポンサードリンク
日本酒サケタク

-日本酒の感想, 旨かった日本酒!

Copyright© うまい酒ブログ , 2019 All Rights Reserved.