焼酎の感想 旨かった焼酎!

芋焼酎「如虎」 旨かった! 

投稿日:2014年3月30日 更新日:

焼酎って、旨いやつを探すのが日本酒に比べてちょっと大変。

芋焼酎と言えば鹿児島が有名なんですが、今日はその隣、宮崎県の芋焼酎を飲んでみます!

芋焼酎・如虎について

如虎・芋焼酎

造っているのは、宮崎県日南市にある「櫻の郷醸造」。

えーと、桜の郷は井上酒造という蔵と同じみたいです。

子会社、みたいな感じなのかな。

前身となる井上酒造は、けっこう古くからある蔵みたいですよ。

創業は明治27年。西暦で言うと1894年。

この蔵、日本で初めて減圧蒸留の焼酎を作った蔵らしいです。

(それも古くて昭和58年)

けっこう大手です。

この蔵、知らなかったなぁと思ったら、けっこうデカイ蔵かも。

えっと・・・生産高が五万石。

マジで??

5万は多い!

一石が一升瓶100本なんで、500万本です。

ちょうど人気絶頂の日本酒「獺祭」と同じぐらい。

小じんまりとした家族経営の蔵だと500石ぐらい。

だから、100倍ですね。

(ちなみに焼酎の生産量NO1は黒霧島の霧島酒造で50万石)

うーん、宮崎だとメジャーな蔵かもしれませんね。

僕としては小さい蔵のほうが好きなので、大手はちょっとなぁ・・・

まあ、買った手前、飲みましょう!(苦笑)

芋焼酎・如虎の感想

おお!うめえ!

黒麹の香りも良いし、バランスがイイ!

少し、高級感もあります。

黒麹は通常、「もっさぁ」とした香りになるのですが、如虎の香りは、どこかピン!とした香りです。

それが、高級感に感じられるのかも。

大手だからって大味じゃない!

ちょっと僕はうがった見方をしてました。

大手なんだから、大味なんでしょ?と。

はい、間違い。

(苦笑)

ぜんぜん大味じゃないですね。

丁寧で綺麗な味わいになっとります。

「虎」っつうイメージでもない。

如虎って名前をなんで付けたのか?

これ解らないのですが、まあ読んだまま解釈すると「虎の如く」(とらのごとく)ですよね。

味わいは、虎のごとく強烈か?というと、そんなイメージでもないです。

んー、シャキン!としたキレがあって、気品がありますね。

あの陸の殺戮者「虎」のような凄みはないです。いい意味で。

虎と黒豹

どちらかと言うと、「虎」というより「黒豹」って感じでしょうか。

あ、でも、「如豹」って名前にしたら意味ワカランな。(苦笑)

まあ、言いたかったのは虎と言うほど、荒々しさとか、力強さとかが全面に出てるタイプでは無いです。

もっとスマートですね。

いやあ、如虎、あんま期待してなかったけど、いいじゃない!

芋焼酎・如虎 特徴やその他の情報

  • 蔵元:櫻の郷醸造
  • 場所:宮崎県日南市
  • 原料:サツマイモ・米麹
  • 蒸留方式:減圧と常圧をブレンド
  • 使用麹:黒麹
  • アルコール度:25度
  • 予想価格:1400円(720ml) /2400円 (1800ml)
  • おすすめの飲み方:ロック・ハーフロック

 

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-焼酎の感想, 旨かった焼酎!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.