日本酒の感想 まあまあな日本酒

山古志・特別純米 美味しいが、もう少しか?

投稿日:2014年4月9日 更新日:

ずいぶん前に飲んだのですが、書くのを忘れてました。

「山古志」

新潟の「お福酒造」さんが造っています。

山古志について

山古志

「山古志」というのは、村の名前です。

新潟県長岡市の山間にある、かなり小さな村。

近年、観光地として着目されてるようです。

棚田がとても綺麗だそうで、特産品は米と錦鯉。

錦鯉は、山古志村が原産地らしい。マジすか!

そんな山古志村の米を長岡市にある「お福酒造」さんが造った酒が、この「山古志・純米酒」です。

お福酒造って、確か「お福正宗」という銘柄だったと思います。

飲んだ事ないんですよねー。

お福正宗の純米酒を一緒に買っときゃ、米の違いを比較して楽しめたなーと、たった今、気づきました。(苦笑)

いやー、やっぱ新潟、蔵多すぎ!

把握しきれません!(苦笑)

山古志・特別純米の感想

おお、これ、けっこう好きです。

香りは控えめ。

まろやかで飲みやすいが、辛口です。

ほんの少し、苦味のような感じがあります。

んー。

美味しいし、個性もあると思うのですが、もう一押し!って気が、しないでもない。

それがあると、すんげえ旨い酒になりそう。

山古志の米はどうだ?

お福正宗さんの他の酒を飲んだ事ないので、予想で言うしかないんですが、米のパワーあると思います。

味わいが、けっこう細かいんですよ。

米のポテンシャルを感じるというか、苦味とか酸味の一つ一つが粒立ってる感じです。

まだまだ旨くなりそうな感じも受けるので注目しておこう!

見かけたら、買って損は無いと思います。

米のパワー、滋味は出ていて、基本的に良い酒だと思います。

棚田の米って旨いの?

棚田

ちょっと話は逸れますが、さっきから棚田、棚田と出てきてるので、農家で無い人はそれほど違いがあるの?と思われるかもしれません。

ざっと言うと、こんな特性あります。

  • 日光が均等に当たりやすい(日射時間も長い)
  • 高地なので、温暖の差が激しい
  • 高地なので、水が綺麗

こんな所が、棚田のメリットです。

ただ、棚田ってのは耕運機が入らないので、手作業が基本になります。

もうね!手作業の米作りって、大変!

僕は手植えを手伝って、一時間で値を上げた経験があります。

(へたれです。)

そんな棚田の米を使った日本酒ですから、今後に期待ですね!

山古志・特別純米酒 特徴やその他の情報

  • 蔵元:お福酒造
  • 場所:新潟県長岡市
  • 使用米:品種解らず
  • 精米歩合:60%
  • アルコール度:15度以上16度未満
  • 日本酒度:+5
  • 酸度:1.4
  • アミノ酸度:1.4
  • 予想価格:720ml 1400円

 

 

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-日本酒の感想, まあまあな日本酒

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.