ワインの感想 ワイン40本斬り

14/40 コスティエール・ド・ニーム・シャトー・サンベネゼ2009 旨い

投稿日:2014年4月25日 更新日:

【ワイン40本斬り】

赤ワインに白ワイン、激安から高級まで適当に選び

ひたすら40本飲んで、何%旨いのか試します。

もっか、12連敗。

1勝12敗というヒドさ。

(苦笑)

ワイン40本斬りという、企画自体が間違ってんじゃねえか?と思う今日この頃。

14本目。

コスティエール・ド・ニーム・シャトー・サンベネゼ2009

シャトー・サンベネゼ

「コスティエール・ドニーム」というAOC規格(表記できる決められた地名)

そんなとこ、あったっけ?と思われる往年のフランスワイン・マニアはいるかもしれません。

それもそのはず、これ、ラングドックです。

なんだよー、ラングドックかよー、とこれまた昔の人は言うかも。

一昔前は、ラングドックと言えば、フランスの安いワインを造る産地で有名だったんです。

ランクアップしました。

AOC規格と言うのは、早い話ランクです。

ラングドックで造られたワインは、地名を名乗れなかったのですが、1986年に昇格し、晴れてラベルに地名を書けるようになったんです。

フランスって、ワインの国だけあって、勝手にラベルに何かを書いちゃいけないんですね。

それに比べると、日本酒は何でも書けますよね。

ちょっと見習って欲しいです。

シャトー・サンベネゼの感想

おー!

そんなに期待してなかったのに、いいじゃない!

やっとこさ、旨いと言えるワインが来ました。

綺麗な味わいで、渋みと酸味のバランスも良い。

香りも華やか。

も一つ個性があれば、良いのですが、まあ、これは旨いでいいでしょう!

「ウメー!」と絶叫するほどではないが、これを不味いに分類するのも、おかしい。

「うんうん。美味しいね。いんじゃない。」

そんな感じです。

旨さはバランスでもある、という良い見本

とりたてて個性は無いのですが、旨い。

これ、バランスの良さだと思います。

渋味が強いわけじゃないし、ブドウ感とかボリュームも弱め。

でも、全体としてバランスが取れてるから、うまい。

ラングドック=安ワイン、というイメージは未だにあるでしょうが、このままの路線で、レベルアップして欲しいなーと思います。

(どこから目線やねん)

サンベネゼ!

うまいに分類!

その他の特徴や情報

コスティエール・ド・ニーム・シャトー・サンベネゼ2009

産地:フランス、ラングドック

ランク:ACコスティエール・ド・ニーム

タイプ:赤、ミディアム

葡萄品種:シラー、グルナッシュ

予想価格:1400円

-ワインの感想, ワイン40本斬り

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.