ワインの感想 ワイン40本斬り

23/40 ジュブレ・シャンベルタン2007 ま、まずい。

投稿日:2014年5月11日 更新日:

【ワイン40本斬り】

赤ワインに白ワイン、激安から高級まで適当に選び

ひたすら40本飲んで、何%旨いのか試します。

前回、前前回と、外したので3連敗を阻止すべく、

反則なんですが昔に一度だけ飲んだ事がある、

アルベール・ビショー社のジュブレ・シャンベルタンを飲みます!

ジュブレ・シャンベルタン2007

アルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン

正式名が長くて、タイトルに入りません。

アルベール・ビショー・ジュヴレ・シャンベルタン・ラ・キュヴェ・デュ・ジェネラル・ルグラン 2007

値段が、大台に乗りました。

5000円!

実はワタクシ、

ジュブレ・シャンベルタンのワイン、けっこう好きです。

特徴で言えば「エレガントな香り」だと思います。

数年前に飲んだ時は、食後のコーヒーを断ったぐらい、体に香りが残りました。

ジュブレ・シャンベルタンとは?

あまりウンチク書くと面白くないのですが、ちょっと書きます。(笑)

ジュブレ・シャンベルタンとは、フランスのワイン規格で決まられた地区を指します。

いわゆる、ランクってやつです。

・・・何度もこの話を書きますが、もし始めて見る方に向けて書きます。

この、ランクというやつは、狭くなればなるほど、高いです。

日本→東京→港区→赤坂

こんな感じです。

よく見かけるボルドーワインなら

フランス→ヴァンドペイ→ボルドー

と、フランスとしか書いてないワインより、ランクが2つ上だと思って下さい。

シャンベルタンは、

フランス→ヴァンド・ペイ→ブルゴーニュ→コート・ド・ニュイ→ジュブレシャンベルタン

と5つ目、ずいぶん高いランクなんです。

ここまでいくと、町じゃなくて村。

たしか、シャンベルタンは3千人ぐらしか住民がいなかったと思います。

これのさらに上が、あと2ランクあるんですが、そこまでいくと畑の名前になります。

まー、このへんのランクになると、高いです。(苦笑)

今日は、ちと贅沢に、かのナポレオンも愛したジュブレシャンベルタン!飲みます!

多分、3年ぶり!

アルベール・ビショー・ジュブレ・シャンベルタン2007の感想

・・・んあ?

・・・よ、弱い。

(泣)

さすが、5千円のワインなので、厚みと、骨格はきっちりあって、旨いっちゃ、旨いとも言えるのですが・・・

んー

フルーティーさが、ちと弱い。

香りも、少し弱い。

一番残念なのが、

コクが足りない!

なんて例えると解りやすいか

どう例えると、良いか・・・

あ、そうだ!

デミグラス・ソースを作ったとして、バターが少なくて、妙にコクがない。

そんな感じです。

外れ年だったんだろうか?

ま・・・思えば、これぞブルゴーニュ。

年によって、当たり外れがありますねぇ。

前に飲んだのとは、もう別人だ。

ぜったい当てたかったから、飲んだ事あるワインを選んだのが裏目に出ました。

策士、策におぼれる。

(苦笑)

旨いorまずい どっち?

でもこれ、不味いって言っていいのかなぁ・・・

ソムリエでも無い僕が?シャンベルタンを?

んー。

アルベール・ビショー・ジュヴレ・シャンベルタン・ラ・キュヴェ・デュ・ジェネラル・ルグラン 2007

君を、不味いとす・・・す・・・

でもね!

ただ、普通に飲めば、旨いのかもしれない。

以前の旨かった時の印象を、ひきづりすぎかも。

・・・。

でも「ウメー!」とは思ってないんだよなぁ。

(苦笑)

すげー、ぐちぐち考えてます。今日は。

ええいくそ!ワインは難しい!

よし!不味い!とする

 

その他の特徴や情報

アルベール・ビショー・ジュヴレ・シャンベルタンラ・キュヴェ・デュ・ジェネラル・ルグラン 2007

  • Albert Bichot Gevrey Chambertin La Cuvee Du General Legrand 2007
  • 生産地:フランス、ブルゴーニュ
  • 葡萄品種:ピノノワール
  • タイプ:赤、フルボディ
  • 予想価格:5000円前後
  • ランク:ACジュブレ・シャンベルタン

ブルゴーニュ、思った以上にハズしてる。

こうなりゃ、あのバカ高い、ロマネコンティがある

ロマネ村のワインに挑戦だ!

(爆)

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ワインの感想, ワイン40本斬り

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.