ワインの感想 ワイン40本斬り

35/40 シャルル・バイイ・ブリュット まずい。

投稿日:2014年6月4日 更新日:

【ワイン40本斬り】

赤ワインに白ワイン、激安から高級まで適当に選び

ひたすら40本飲んで、何%旨いのか試します。

やっちゃった!

スパークリング・ワイン

5連敗!

(苦笑)

もうちょっと

慎重に選べば良かったかなぁ。。。

35本目。

シャルル・バイイ・ブリュット

シャルルバイイ

これもフランスのスパークリング・ワイン「シャルル・バイイ・ブリュット」という名前です。

1300円ぐらいなので、もうちょっと、高いやつ買えば良かったか。

ハマショー世代としては、「最高の女とベットでドンペリニョン」と狙うべきだったか。

ただ、お高いシャンパン買っとけば、旨いのに当たるか?

といえば、多分、そうでもないと思う。

モエ、ヴーヴ、ポメリー、このへんの、メジャーどこを飲んだ時に思ったのは「不味くはないが、特別うまくもない。」

って感じだったんですよね~。

20歳のころ、金持ちの先輩に連れられて、初めて六本木のキャラバクラに行った時は

「あたし、モエ大好き~」

って言う女子が多数いたので、女性ってな、シャンパン好きなんだな、と思ったんだが今から考えると、シャンパンが好きなんじゃなくて、シャンパン頼む客が好きなんだな。(笑)

シャルル・バイイ・ブリュットの感想

さてさて、今日飲みましたシャルル・バイイ・ブリュット!

感想としては、ちょっと、泡が硬い気がする。

ただ、その硬さは、辛口にも取れるので、キリリ辛口の泡物がお好きな人には合うかも。

ん~、でも正直、このぐらいの値段で言うなら、よく見かけるスペインのカヴァ「セグラヴェータス」のほうが、旨いかもしれない。

もっとよく見かける「フレシネ」よりは、こっちのほうが、うまいとは思う。

トータルすると、「まあまあ」かなぁ。

これはシャンパンでは、ありません。

フランスのスパークリングワインを紹介する時に、必ずここを言わないといけないんですが、これはシャンパンではありません。

シャンパンとは、フランスはブルゴーニュの「シャンパーニュ地方」で作られたスパークリング・ワインだけを言います。

それ以外は「スパークリング・ワイン」です。

シャンパンじゃないとまずいのか?

フランスのスパークリング・ワインなら、「シャンパン」じゃないとダメなのか?

と、言う事はなくて、美味しい物はいっぱいあります。

むしろ、「シャンパン」はブランド品みたいなもんで、値段が跳ね上がります。

コスト・パフォーマンスを求めるなら、シャンパン意外を探したほうがいいです。

ですが、そうすると、今回のような外れもけっこうあります。(苦笑)

 

ということで、

シャルル・バイイ・ブリュット!

不味いに分類!

だめだ・・・

スパークリング・ワインから離れよう。

(苦笑)

 

その他の特徴や情報

シャルル・バイイ・ブリュット

  • CharlesBaillyBrut
  • 生産地:フランス、ブルゴーニュ
  • 葡萄品種:ユニブラン、コロンバール、シャルドネ
  • タイプ:スパークリングワイン、白、辛口
  • 予想価格:1300円前後

 

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ワインの感想, ワイン40本斬り

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.