ワインの感想 ワイン40本斬り

36/40 パヌール・カベルネ まずい。

投稿日:2014年6月10日 更新日:

カスタム600の74

【ワイン40本斬り】

赤ワインに白ワイン、激安から高級まで

ひたすら40本飲んで、何%旨いのか試します。

36本目。今日飲んだワインは・・・

パヌール・カベルネ・ソーヴィニヨン・2012

パヌール・カベルネ

チリの赤ワインです。

値段も手頃で1000円ほどで買えると思います。

チリ・ワインは、めったに飲まないのですが、ワイン40種類飲む中で、ヨーロッパばかりになるのもどうかと思いまして。

よーし!では行ってみよ!

パヌール・カベルネの感想

ありゃ?

悪くないけど、ちょっと薄いかなー。

薄い、というのも違うのかな。

ライト・ボディでも、旨い物は旨いですしね。

カベルネの何かが少し、足りないんでしょう。

何かちょっと足りない。

値段を考えると、まずまずの良品なんですが

といって、旨いとは言えない。

大ワイナリーゆえの大味さか?と思ったら小ワイナリー

日本まで輸出できる力を持ったワイナリー、それも千円を切る価格で出せるって事は・・・

大量生産っすよね!

そういう大量生産ゆえの大味になっちゃうんじゃないかと。

そんな事を思いながら、この会社のホームページを見ると・・・

ありゃりゃ、小さかった。(苦笑)

 

これを作ってるエラスリス社(Errazuriz Ovalle Family)

作付面積が19.3ヘクタール。

おお、小せえ!

僕の基準では、100ヘクタール以下は小さめだと思ってます。

と、言っても日本の小さい酒蔵みたいな規模じゃあないですよ。

それなりの規模はあります。

1ヘクタールが1万平方メートル=100m×100m。

農地で考えれば、個人でも所有してるぐらいの大きさ。

100ヘクタール=1km×1km、ですわ。

片道1キロの畑を持ってたら、けっこうな会社だと思いません?

ちなみに、「サンライズ」という赤ワインを飲んだ事ある方は多いはず。

それを作ってる、チリNO1大手、コン・チャイトロ社は・・・

9000ヘクタール!でかい!

小さいのに大味なのね?

エラスリス社はけっこう小さいワイナリーなのに、大味でした。

なんでだろ?

うがった見方をするけど、がんばって低価格にしすぎなんじゃなかろうか?

うーん、なんだか、そんな経営努力が見え隠れします。

でも、今回は40本の味比べなんで正確に評価しないと。

しょうがない、

不味いに分類しましょう。

おお、これで6本連続、不味いになった。

(苦笑)

その他の特徴や情報

パヌール・カベルネソーヴィニヨン

  • 生産国:チリ
  • タイプ:赤、ミディアムボディ
  • 葡萄品種:カベルソーヴィニヨン100%
  • 予想価格900円前後

同じ名前で、まったく価格の違うワインが多数あります。

今回のこれは、おそらくこのワイナリーで一番安いやつ。

ここのワインは、高価格品も低価格品も、名前一緒みたいです。

買われる時は、ラベルの柄で見分けるしかないですね。

こいつの上位のワインを飲みたいなー。

正直、今回のワインだと、ここのワイナリーの評価はできへん。

ま、安いの買った俺が悪い。(苦笑)

 

 

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-ワインの感想, ワイン40本斬り

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.