ワインの感想 まあまあなワイン

シャトー・ラ・ブーレ 普通かなぁ・・・

投稿日:2011年6月11日 更新日:

シャトー・ラ・ブーレ というボルドーワインを飲みました。
いくらぐらいのワインだったかな・・・
2500円ぐらいだったと思います。
ch-ravure1.jpg
今日はふと、妙な事に思いを巡らしました。
「うまい」ってなんだ?
料理の場合、味付けのバランスやネタの良さ。
まず思いつくのがそんなトコ。
あと、てまひまかける事?
その他、いろんな要素があるだろうと思います。
(僕は料理できないから詳しくないけど)
おっと忘れちゃいけない大事な要素
愛情!
そう!
ア・モーレ!
いや、別に飲んでるワインが「ラ・ブーレ」だから
ア・モーレってダジャレってるワケじゃないよ(笑)
それぞれの好み、味の嗜好もあるだろうし
うまい、美味しいってのは・・・
難しい。
特に酒。
俺は一体、何が基準でうまいとか、美味しいとか言ってるんだろ・・・
ch-ravure2.jpg
この「シャトー・ラ・ブーレ」、
全然ピンと来ない
(苦笑)
細かく味わおうとすると、香りの中に複雑な要素もあります。
ブドウの香りの他に、お茶の葉っぱみたいな香りや、
わずかにスパイシーな要素もある。樽の香りはしないです。
味わいからいくと、メルロー主体でなめらか。
しかしなー!
妙に水っぽい!
薄いっていうのじゃなく、
骨格の周りに水の幕がある感じ。
1杯飲むと、「うむ。いんじゃね」って感じで終わりそう。
僕は酒の評価をする時に、特に思うのが
ちょっともう1杯、もうちょっと1杯。
と、ついつい飲んでしまう酒が良い酒だと思っています。
飲みやすい、というのではなく。
また飲みたいと思うかどうか。
このワイン、造り自体は悪くない。
なんとなく生産者のマジメな姿勢もわかる。
値段的には2500円ぐらいはするだろうとも思う。
でも、なんだろう・・・この
乗り切れない感じは!
演奏能力はあるのに、なんか乗れない、なんかピンとこない。
そんな音楽に似てる。
お前は新人の演歌歌手かっつうの!
このワインは、美味かったら売ろうと思ってたし、
インポーターも優秀な所なので
期待してたんだけどなー。
普段飲む価格帯より、ちょいと高いけど
期待したから買ったのに!
まあ、「金の無駄だった!」とうほど悪いワインじゃないから
いっけどさー。
ちょっとコイツを調べてみましょ・・・
・・・
やっぱり、メルロー70%のカベルネ30%ですね
お~ステンレスタンクでの熟成ですね。
だから香りが素直なんだな。
あ!
ビオワインだ
そこかー!
ビオ、いわゆる有機栽培みたいなもんなんですが、
僕はビオワインと相性が悪いんですよねー。
ビオワインであまり旨いと思った事がない。
ビオワインって「旨い」っつうより
「上手い」って感じ。
上手に作ってるんだけど、なんか味わいが物足りない事が多い。
理由はよくワカランとです。
ビオワインだと、農薬を一度使った木は使えないから、
若い木ばかりになるからだろうか?とか、
予想する理由はいくつかあるんですが
正確な所はわかりへん。
ほんとなんでだろ。
先ほどの話で言うと、
「てまひま」かかってると思うんですよ。
多分、愛情も。
ビオワインを造ってる畑を見分ける方法知ってます?
そりゃ、知ってても日本で活用する機会ないですが(笑)
ビオワインの畑は全部が全部そうじゃないけど、
列の端にバラが一輪植えてあります。
バラは疫病や害虫に弱いので、
そのバラが病気になると、その列の木を刈り取るらしいです。
これ、イタリアの醸造所で聞いた話です。
僕のでたらめな語学力で聞いたので、正確ではないですが
(爆)
ビオでやるのは大変だとも聞きました。
そうだろうと思います。
でも、なんで俺はピンと来ないんだ?
世界的にも、今、ビオはブームですよね。
日本でも、ビオワインに力を入れてるワイン屋さんを良く見かけます。
できれば俺もブームに乗りたい!
(笑)
俺の車はムーブだし(ダイハツ)
でもなんで俺はピンと来ないんだろう。
気をつけなきゃいけないのは、
酒は飲んでるうちに良さが解るものもあるから、
ビオワインも飲み続けると、良さが解るんだろうか・・・
ん~
まあ、この問題は保留だな。
僕がワインを本格的に飲みだして4年ぐらいでしょうか。
そんな短期間で全部わかるもんでもないでしょ。
話は変わるけど、ワインを調べてて思ったんですが、
&上記のようにワインわかってないヤツが言うけど、
最近のネットでのワインの評価、
煽りすぎじゃねえか?
××誌絶賛!
××氏、高得点!
あっという間に完売!すごいワイン!
この価格でありえない!
うまい!おいしい!すごい!
もうね・・・
「旨い」を越えて「すごい」の連発。
ほんまか?
うまいは解るが、
「すごい」と思う酒って、そんなにないぞ。
そりゃね「まあまあ美味い」とか書けないだろうけど
(笑)
ウィスキーとかの洋酒はそうでもないんですが、
なんだかワインはキャッチコピーが過剰な気がします。
こうなると、旨いとか美味しいとかのコピーに
見るほうも麻痺しちゃいますよね。
ほんとに美味しいと思って書いても伝わらないんじゃないか?
ん~。
美味しい酒を探すのは難しいけど、
美味しい酒を伝えるのも難しいな。
そしてやっぱり考える
美味しい、旨い、ってなんだ?

レクタングル大

レクタングル大

-ワインの感想, まあまあなワイン

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.