焼酎の感想 旨かった焼酎!

久耀

投稿日:2011年8月20日 更新日:

カスタム600の74

久耀という芋焼酎を飲みました。
「久耀」で「くよう」と読むようです。
蔵元は種子島酒造という種子島の蔵です。
九耀
俺、種子島の焼酎を飲むのは初めてかも。
ちょっと期待。
気のせいか、ラベルから旨そうなオーラも感じます。
ただの気のせいかもしれませんが(笑)
ではでは!
おお・・・
うまっ!
風味の広がりがスゴイな!
飲むとこう、
ずばーっ!
っと、いもの風味が広がります。
ん?っつうか、
この風味の広がり、二段階で来ます。
口に含むんだ時に一度、ふくよかな、でも爽やかな香りが広がり、
飲み込むときに、さらにもうちょっと広がります。
要は、
ずばー!ぐっ、ざばー!
って感じなんですが
(笑)全然わかりにくい
余韻もあるし、完全に世界観がありますね。
こりゃ、まいった。
僕が飲んだ中で、しいて似ているのは「照葉樹林」でしょうか。
ちょっとパンフを見直すと・・・
お!なるほど。
この焼酎は、3から5年の熟成させた原酒と新酒をブレンドしています。
だからでしょうね、あの2段階で風味が来る感じ。
まさに
風味の波状攻撃。
いや、
香りの二重奏。
ならば、
おいもさんのダブルパンチ。
んー、
俺の説明、イマイチ。
まあホントにちょっとスゴイ奴。
めちゃめちゃスゴイ!とは言わないが、
何気に大好きかも(笑)
店に入れようっと♪
ネットショップにも出しちゃおう♪
最近、焼酎ばっかり飲んでるから、
この辺で一区切りしよう。
次は・・・
久々にワインでも探すか・・・

 

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-焼酎の感想, 旨かった焼酎!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.