そのほか酒の感想 その他

「套馬人家」内蒙古の酒、俺が日本初かも。

投稿日:

カスタム600の74

套馬人家

 

套馬人家、という酒を貰ったので感想です。

ネット社会の現代で、「套馬人家」でググっても何もヒットせず。

すげーな。

そして、怖ぇーな(笑)

このネット社会で中身が解んない酒って、めったに無いですよね。

套馬人家というモンゴルの酒

初めて飲む酒です。

内モンゴルの知人に貰いました。

っつうか、

そもそも内モンゴル自体がよく解ってません。

モンゴル

「モンゴル」って「騎馬民族の末裔」ってイメージがあるんで、男の子としてはひじょーにロマンチック。

かつて蒙古斑をケツに付けてた身としては、勝手に「俺の祖先」と思う部分もある。

そんな「心の兄弟」が飲んでる酒って、興味ありますか?と聞かれれば、あるよもちろん!

套馬人家

しかし、悲しいかな。同じ文字を使ってる人間同士なのだが、表ラベルを見ても一切わからん!

読み方すらわからん!

「トウ・・・バ・・・ジンケ?」

「套」って漢字は「トウ」だよね?多分。

生まれて初めて書いた漢字かも。

套馬人家

瓶の裏には、何か書いてるかな?

と、思ったけど、何も無し。

 

おさらいしよう、解ってる情報は以下の通りである。

  • 味:不明
  • 材料:不明
  • 酒のジャンル:不明
  • 産地:おそらく内モンゴル
  • 度数:アルコール度67度
  • 入手経路:くれたヤツは、いいヤツ。

套馬人家

ちょっと待って。

アルコール度数67度って・・・

さすがにジンでもウォッカでも、なんでも飲む俺でも引く。

でも、何かで割る、薄めるってわけにはいかない。

アジアのこの手の酒って、ストレートで飲むのが流儀じゃない。だいたい。

67度をストレート・・・俺、明日、仕事行けるのだろうか?

 

しかし!ここで問われているのは、酒飲みの面目であると共に、男の挟持である。

・・・飲まねばなるまい。

友よ、俺の生き様を覚えておいてくれ。

套馬人家の飲んだ感想

套馬人家

まず、香り。

おお?アルコールの香りがそんなにしない。

ほんのり麹のような香り。

見た目は完全に無色透明。

濁りはない。

濁って無くて、良かった。

中身が解らない酒で、さらに濁ってたら、もう一段、腹を据える必要に迫られる。

 

そして、ひとくち。

ドン!と67度のアルコール砲が来るかと思いきや・・・

まろやか。

まろやかやん!

 

おー、しかし、しばらくすると・・・くる。

カー!と腹と喉が熱くなる。

これ、67度でこの口当たり、すげえな。

それで、やっぱり残り香も、麹のような香りだわ。

 

ラベルの中国語を読み解く。

套馬人家

酒のスペックが解らないので、ラベルから読み解くしかないのか。

中国語、全くワカランので勘違いの可能性あり。

 

まず名前「套馬人家」について。

「套」というの漢字が、カバーとか覆いの意味があるそうな。

そうすると・・・馬のカバー?

違うな。(苦笑)

おー、套馬杆というのが馬を捕まえたり操ったりする「ロッド」のような物らしい。

「人家」は、そのまま「○○人の家」みたいな意味合いなんだろか?

つまるとこ、騎馬民族!みたいな意味合いなのかな。

套馬人家

原料「水、高粱、玉米」

わずかな情報も中国語なんで、やっぱりワカランのだが・・・

「配料」ってのは、原料なんでしょね。

「高粱」がわかんなくて、ググったら「コウリャン」だった!

むむ!中学校の頃、地理で習った記憶がある!「このあたりの主な生産品は、コウリャン、モロコシです。」みたいな感じで。

んで、「玉米」って米かと思ったら「トウモロコシ」だった!

俺、コウリャンの酒って生まれて初めて飲んだ!

高粱

http://kimamanak.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_b2ff.html

 

全体的な印象

わかんない酒だけど、何に近いか?と言えば、泡盛に近い。

僕が感じた「麹のような香り」は、おそらく龜(かめ)によって熟成させてんじゃないかと。

 

中国酒を調べる

ここに来て、思いつきました!

モンゴルの酒って、大きいくくりと言うと中国酒なのかな?って思って。

そして中国酒は、ぜんぜん詳しくない。

ただ、モンゴル人は自分たちを中国人と思ってるか?というのは、ひどく面倒な話題になりそうなんで置いておきます。

主な中国酒は以下の通り。

  • 黄酒
  • 老酒
  • 白酒

僕らにとってメジャーな「紹興酒」は黄酒、だそうです。

白酒ってのが、「トウモロコシ・高粱・ジャガイモ・サツマ芋から蒸留する酒」らしい。

なるほどっ!これは白酒か!

うーむ、なんて事はない、正しい知識を知ってたら、正体不明でもなんでもなく「白酒」なのか。

 

騒いで飲んだわりに、中国酒の白酒を飲んだだけだった。

友よ、俺の生き様は覚えとかんで、ええぞ。(苦笑)

 

ただし、白酒というジャンルで初めて飲んだのが、この套馬人家である。

これは、いい出会いだったと思う。

初体験ってな重要ですからね。

 

ちなみにウイスキーの初体験はサントリーオールドだった。

返してくれ、俺のウイスキーバージン。

 

とりあえず套馬人家という酒は、旨かった。

そして67度という度数なので、目が回る。(笑)

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-そのほか酒の感想, その他

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.