ワインの感想 旨かったワイン!

グランポレール・ミュラートゥルガウ2016の感想:ドイツのブドウが北海道で別物に

投稿日:

グランポレール・ミュラートゥルガウ2016

先日、「グランポレール・マスカットベリーA・古木2016」を飲んで、旨いと言うべきか、そうでないか少し悩みました。

そのワインは「古木」という限定物だったので、普通のグランポレール・マスカットベリーAを飲んで比較しようかなと思い、買いに行ったのですが、こっちのほうが気になって買っちゃった!(苦笑)

北海道でミュラートゥルガウ作ってんの?!

グランポレール・ミュラートゥルガウ2016について

 

グランポレールについて

グランポレールは、大手サッポロさんが造る国産ワインの上位シリーズ。

北海道、山梨、長野、岡山とそれぞれの産地があるようです。

 

大手だけど、大手じゃない。

ワインに限らず、僕はあんまり大手の酒は飲まないタイプです。

小規模な酒のほうが面白いから。

ただ、よくよく考えると、国産ワインってどこも大手じゃないかも。

 

意外に畑の規模は小さい

北海道の自社畑「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」の作付面積は25.4ha、これ、ワイン業界だと小さい方です。

フランスで「シャトー○○」と付くような、ブドウ栽培から醸造まで行うワイナリーの場合、大きいとこだと100haぐらいあり、20haぐらいだったら家族経営の小さなワイナリークラスです。

このへん気をつけないと、僕のような「自称ワイン通」は有難がって飲むフランス・ワインのほうが、実は超メジャー品だった、なんて恥ずかしい事になりそうです。(笑)

 

ミュラートゥルガウについて

グランポレール北海道・ミュラートゥルガウ

で、今日、驚いたのは、この白ワインが使ってるブドウが「ミュラートゥルガウ」だったから。

これ、ドイツのブドウ品種なんです。

シャルドネ種なんかは、日本で栽培されてるの知ってたのですが、ミラートゥルガウも作られてたなんて。

ドイツの品種が、北海道で作られるとどうなるのか?ひじょーに気になります。

では、飲んでみます。

 

グランポレール・ミュラートゥルガウ2016の感想

グランポレール・ミュラートゥルガウ2016

お、これウマーイ!

解りやすいウマさ!

ほんのりフルーティーで、ほんのり甘口。

もうちょっと、青々しさというか、植物っぽい風味が出ると、最高!ってなりそう。

でもそれは、高望みしすぎか?これ、1500円なんですわ。

1500円の値段を考えると、優秀!とても優秀!

 

ドイツのミュラートゥガウと比べて

本場ドイツの物と比べると、こっちのほうが滑らかさがあるかな?と思います。

元々、このブドウ品種は優しい味わいの白ワインが多いのですが、北海道のは輪をかけて優しい。

日本産のシャルドネ種を飲んだ時も思ったけど、海外の品種を日本で作ると、パワーが弱くなっている気がする。

ただ、反面、繊細さとか丁寧さみたいなのは日本のほうが強くて、ブドウが同じでも土地土地で違うものになるんだなぁ、なんて妙に感心。

 

日本とドイツ、どっちが旨いか?

ドイツで1500円ぐらいのミュラートゥルガウだと、とんでもなく旨い「当たりワイン」があるので、そこと比べると負けてしまうが、そんなワインは10本中2本ぐらいなので、見劣りしてるとも思えない。

いやはや、日本ワインのレベル上がってんだなー、と時代の流れを感じる。

俺も年を取るはずだわ。(苦笑)

 

 

グランポレール・マスカットベリーA古木2016
マスカットベリーA古木2016 限定288本 うまいのか悩むー!

今日飲んだのは、日本のワイン。 お値段ちょっと高め、3千円。 日本のワインで3千円は、僕としたら結構 ...

続きを見る

 

 

a8ワインショップソムリエ

a8ワインショップソムリエ

-ワインの感想, 旨かったワイン!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.