日本酒の感想 まあまあな日本酒

鳳凰美田"WINECELL"2017の評価と感想。

投稿日:

今日飲んだのは鳳凰美田でも「WINE CELL」(ワイン・セル)と言って、ワイン酵母で造った純米吟醸です。個人的な評価と感想を書いてみます。

栃木県の小林酒造さんが造っている日本酒です。

鳳凰美田ワインセル

スポンサードリンク

鳳凰美田ワインセルについて

いやー、あの手この手の日本酒が増えてますが、ついに「ワイン酵母」ときましたか!

個人的には、そんなにワインに寄せなくてもよくね?と思ってます。正直。

なんかこう、ワインのほうに寄せても本家のワインを超えられるのか?という・・・

音楽でも「まるで洋楽のような邦楽!」とか謳い文句の曲があるんですが、それって洋楽聴けばいいんじゃね?っていうツッコミが・・・

まあ、でも、「新しいものと6ペンス銀貨」は幸せのおまじないとも言うし、「挑戦なければ進化もなし!」という言葉もあります。

新しい酒も飲んでみましょう、そうしましょう。

 

ワイン酵母について

おっと!その前に!

「ワイン酵母ってあるの?ワインって自然に発酵すんじゃね?」って人も多いと思いますので、そこの話を。

確かに、ワインを醸造する場合、ブドウの中に酵母がすでに含まれるので放っといても発酵します。

ところが、けっこう前からワインも近代化してまして、ヨーロッパでもワイン酵母を使ってる所は多いです。

香りを強く出したいとか、深みを出したいとか、使う酵母によって狙った味が作れるそうです。

ただし、昨今は世界的に「オーガニック」がブームですので、自然発酵のワインが本来の姿だ!みたいな意見も多いです。

これについて僕は不勉強で、なんとも言えません。サーセン。(苦笑)

さて、では鳳凰美田に戻ります。

鳳凰美田・ワインセルの評価と感想

鳳凰美田ワインセル2017

ありゃ!思ったよりウメー!

特徴としては、かなりフルーティーで味が濃厚。

甘みが強い、というよりハッキリ!って感じでしょうか。

 

口当たりの分厚さがすごくて。

似てる酒あるかなー?と思い出を探っているのですが、無さそう。

広島の酒にありそうな太い味わいなんですが、決定的に違うのがトゥルントゥルンと滑らかさがある点。

マスカットジュースみたいな口当たりです。

 

2つ、僕が大きな失敗をしてるのが、普通の「鳳凰美田」をまず飲むべきだったかなと。

飲んでねーのかよ!と、お叱りうけそうですが、飲んでません(苦笑)

変種から入ってしまったので、小林酒造の酒としてどう評価したものか?まったくわからへん。

 

もう一つ、これ、ワイングラスで飲んでもいいかも。(苦笑)

おそらく、この濃密な口当たりはワイングラスで飲んでも旨いと思います。

でも、今日は他所様での飲み会で、ワイングラスが無い!

 

鳳凰美田ワインセルの飲み方

この日本酒、ぬるくなってくると日本酒っぽさが出てきちゃいます。

そうなると、せっかくの個性がもったいないので、シャキーン!と冷えた状態で飲むのが良いと思います。

ワインクーラーがある人は、冷やしながら飲んでください。

常温になると今ひとつだったので、燗は試していません。

 

んー!しかし最終的な評価が難しい酒です。

まずくないんですが「もう一回買うか?」と言われれば・・・ちょっと難しいです。

 

この方向性の物を飲むんなら、あれとか、あのドイツワインでいいよなーとか、頭によぎっちゃうんです。

買って損はない!と断言できますが、うーむ・・・

僕の場合はとりあえず、普通の鳳凰美田を買わないとな。(苦笑)

 

鳳凰美田ワインセルの詳細

  • 醸造元:小林酒造
  • 生産地:栃木県小山市卒島
  • 原料米:兵庫県産山田錦
  • 使用酵母:ワイン酵母
  • 精米歩合:55%
  • アルコール度数:17度
  • おすすめの飲み方:冷や
  • おおよその価格:720ml 1800円

レクタングル大

レクタングル大

-日本酒の感想, まあまあな日本酒

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.