ワインについて物申す!

僕がチリワインを勧めたくない理由。

投稿日:2014年6月18日 更新日:

カスタム600の74

チリ国旗

 

安くて旨いってんで、20年前ぐらいからチリワインは人気です。

雑誌でもよく特集組まれてますし、スーパーやデパートでも多くのチリワインを見かけますよね。

それでも、僕的には「ワインを始めるなら、チリはあんま勧めない」って思ってるもんで、そのへんを今日は書いてみます。

なぜチリ・ワインを勧めないか?

近年はチリだけでなく、アルゼンチンとかオーストラリア、南アフリカなども人気。

このへんのワイン新興国をまとめて「ニューワールド・ワイン」と呼ばれたりします。

「NEW(ニュー)」と言われるが、歴史が浅いわけでもなく、それぞれ百年ぐらいの歴史や伝統はあったりするので、日本とは比べもんになりまへん。

ただ、ヨーロッパの歴史に比べると、そりゃもう、あのイエス・キリストが飲んでるぐらいなんで、それに比べれば他の国は「ワイン新興国」になるわけです。

こう書くと、やはり歴史だとか伝統の話に思われそうですが、そこは別に勧めない理由とは関係なくて。

ひとことで言うと、パワーがありすぎる!って事なんです。

チリワインの強いパワーが逆効果

マッチョマン

チリの赤ワインに使われてるブドウ品種は「カベルネ・ソーヴィニヨン」っつうブドウが使われてます。

ワインに使われるブドウの中では、渋味とアルコール感が強く出る品種です。

パワーがある品種なんですが、中でもチリワインのカベルネはさらにパワーが強い。

もうね、筋肉ムキムキ、マッチョなんっすわ。

それは値段に関係なく、高いのじゃなくても、安いのでもマッチョ。

なので、チリワインは適当に安いのを選んでも、そこそこ飲めるんです。

パワーがある分、テロワールは掴みにくい

ここが、けっこう僕が問題視してるとこです。

パワーがあるんで、旨いっちゃ旨いんですが、テロワールは掴みにくいかなと思います。

テロワールというのは、滋味というか、そのワインにしかない独特の風味や個性だと思って下さい。

それで、ワインの面白さってのが、この「テロワール」に全てかかってると言ってもいいぐらいです。

そうなると、ワインにあまり詳しくない人が、チリワインからワインの世界に入っちゃうと、遠回りになるんじゃねえか?と思うわけです。

違う世界の例えをすると・・・

クラシックに慣れさせよう!と思って、J-POPのクラシック・カバーを聞かせる感じでしょうか。

クラシック好きから見ると「それ、遠回りじゃね?」って感じに思いません?

まあ、僕はクラシックの世界には「スターウォーズのテーマ」から入った口ですけどね!(爆)

コスパはチリワイン最強!

フランスやイタリアのワインだと、千円ぐらいの物を買うと当たり外れがひどいです。(苦笑)

まれに飲むのを苦痛に感じるほど、まずいワインに出会います。

それに比べると、チリ・ワインは大外れが無いです。

コスト・パフォーマンスで言うと、チリワインが最強かな!とも思います。

・・・ですが!僕の主観も入るのですが、飛びぬけて「旨いっ!」と思わせるワインは少ないかもしれない。

個性的なチリワインを見つけるのは難しい

今ではコスノル、サンライズ、などどこでも見かけるし、「安くて旨いワイン」というキーワードで検索すれば、チリワインがいっぱい出てきます。

ただ、ん~、なんというか、チリワインって旨いというより、「不味くない」という感じ多いです。

一塁ヒット。めったにホームランが無いって感じ。

フランスやイタリアの安いワインだと、たまに「ホームラン」がいます。

そんな感じで、無難に飲めるのを探す時は、チリワインは狙い目だと思います。

安くても、常にホームランを狙いたい私としては、チリワイン、あまりオススメしてないです。(笑)

すっごい旨いチリワインも、もちろんあります!これは、あくまで全体的な話。

これからワインを始めるなら

これからワインを始めよう、ワインに詳しくなりたい!って人は、やはりヨーロッパのフランス、イタリア、スペインあたりをおすすめします。

この3国なら、国内だけで覚えきれないほど、地域ごとに特徴があります。

ボルドーとブルゴーニュは別物ですし(フランスの話)

っつうか、ボルドーでも右岸と左岸で特徴は違うし(フランスの話)

っつうか、左岸でもメドックとグラーヴは別モンやし(フランスの話)

待て待て、それならオーメドックとメドックは別もんやで!(フランスの話)

・・・いかん。ボルドー好きの血が騒ぐ。

ま、こんな感じで、ヨーロッパ・ワインのほうが探求できます。

 

逆に、なんとなくワインを飲みたい、スーパーやコンビニで適当に買う場合は、コスパが良くて当たり外れが無いチリワインでもいいかな、と思います。

こんな感じで、探求したい人はヨーロッパ、適当に飲みたい人はチリ、ってのが僕が思う所です。

それに、けっこうワインに詳しくなってきた所で、チリのワインに手を出せば、また違う世界が見えるんじゃねえか?とか思う次第です。

なにかの参考になれば。

 

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-ワインについて物申す!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.