ワインの感想 旨かったワイン!

シャトー・デュ・ランゲ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー2017

投稿日:2017年11月18日 更新日:

カスタム600の74

これ旨かったんで、来年も買いたい!と思ったんで備忘録として書いてみます。

今日飲んだのは「シャトー・デュ・ランゲ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー」。

 

正しく書くと、

シャトー・デュ・ランゲ・キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーヌ、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー

名前長い!

 

シャトー・デュ・ランゲ・ボジョレー

 

ボジョレー・ヌーボーです。

「え?いまだにボジョレーなんて飲んでんの?」

なんて言われるかもしれないボジョレーです。(苦笑)

 

酒飲みの僕としては、酒を飲む理由付けしてくれるイベントは大好きです。

世の中のお父様方も、そういう意味では助かってんじゃないでしょうか。

なんとなく、

「いやあ、今日はボジョレー解禁日なんで!」

なんて言うと、奥様も

「ちっ!しょうがねえなあ」

と、許してくれる雰囲気になると思います。(笑)

 

シャトー・デュ・ランゲ・ボジョレー・ヌーボーの感想

ボジョレーとボージョレ、どっちが正しいんだか。ま、それは置いといて、

このボジョレーは力強い。渋みと飲みごたえあり、ボジョレーらしいフルーツ感もあり。ちなみにフルーティーとは言いたくない。

あと、マコンのガメイ種のようなジャムっぽさもほんのりある。

アルコール感、ボリュームもあるので、男性的とも言える。

でも、ボジョレーらしさと、飲みごたえが両立してて旨いと思う。

二十歳の乙女、みたいなボジョレーは、ジョルジュのボジョレーに任せて、26男性、みたいなこんなボジョレーもありだと思う。

んで、これ以上、力強くなると、もはやボジョレーの意味がないかな。なのでギリギリの力強さだと思う。

 

このシャトー・デュ・ランゲという所、かなりいい醸造所だと思うのよね!

(フランスで「シャトー」が付くとブドウの栽培もしてる醸造所を指します)

ヌーボーじゃないワインも飲んでみてー!と思って検索しまくったんですが、ボジョレー・ヌーボー以外の銘柄ではヒットせず・・・がっくし。

やっぱしね、とは思ってたんですが・・・

日本の場合、ボジョレー地区のワインはヌーボー以外はほとんど入ってきません!

これはボジョレーヌーボーが流行りすぎた弊害っつうか、ボジョレー地区のワイン=ヌーボーというイメージが定着しすぎちゃって、おそらく普通のは売れないんでしょうね。

まあ、ヌーボーが無ければ誰にも気づかれない地区ではあるので、しょうがないっちゃ、しょうがない。

 

しょうがないから、あきらめて、ひたすら飲む。(爆)

 

シャトー・デュ・ランゲ・ボジョレー・ヌーボー

途中で、「こいつ、ドライ無花果(いちじく)が合うんじゃねえの?」と思って、棚からゴソゴソと取り出して合わせてみる。

ウメー。

果実味が強いワインには、ドライフルーツが合いますわ。

 

「ビールのお供はピーナッツ」とはよく言いますが、「ワインのお供はドライフルーツ」ですぜ。

スーパーの酒売場に、おつまみの棚が併設されてるのを見かけますが、ごくまれにドライフルーツが置いてあるのを見たことがあります。

そんな時は「この売場担当者とは、話が合うぜ!」と内心思うんですが、きっとあんまり売れないでしょうね(爆)

 

今日の一杯

シャトー・デュ・ランゲ・キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーヌ、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー

旨かったです。ありがとう!

 

-------以下 追記-------

ボジョレーって何?という方には、ざっと解説してます。

 

ちょっと昔から最近まで、ボジョレーヌーボーの記事一覧を入れときます。

ワインは造った年が違えば別物になるんで、買う時の参考にはなりませんが(苦笑)

おお、あの年か!なんて暇つぶしになれば。

 

2012年はやたらと飲みまくってみた年です。

「ボジョレーヌーボーなんて、どれ買っても同じ」と思ってたんですが、メーカーによって当たり外れがめっちゃありましたわ。自分でも意外でした。

 

2017年はこれと、ジョルジュのボジョレーしか飲んでないです。どっちも旨かったなぁ。

  • シャトー・デュ・ランゲ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー2017(このページ)

 

ヌーボー以外でボジョレー地区のワイン、実はいっぱいあります。

いっぱいあるけど、あまり飲んでないのよね(笑)あまり売ってないし(苦笑)

下記二つは通常のボジョレーよりランクひとつ上がります。「村名ワイン」とでも言いましょうか。

アドセンス336×280

アドセンス336×280

-ワインの感想, 旨かったワイン!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.