ワインの感想 旨かったワイン!

ロンケドーネ2014、なかなか旨いがちと高い?

投稿日:2018年1月21日 更新日:

今日飲んだワインはイタリア・ワイン。

ロンケドーネ・ヴィーノ・ロッソ・カ・デ・フラティ

( Ronchedone Vino Rosso Ca dei Frati )

ロンケドーネ2014

んー、イタリアの赤ワインなんですが、ラベルには全く細かい情報無いっすねー!

 

スポンサードリンク

ワインのラベルの読み方・ロンケドーネの場合

ひじょうに簡素なラベルなんで、ラベルの読み方を解説してみます!

ワインに詳しい方は、いまさらの話なんで、ここは読み飛ばして下さい(笑)

 

パターンとして、ラベル上部の書かれてるのが品名。

次に「VINO ROSSO」とありますが、「赤ワイン」っつう意味です。

ラベルの一番下は、だいたい生産者、メーカーの名前です。

よく出てくる単語を覚えとけば、知らないワインでもなんとなく解ります。

イタリアなら

  • VINO=ワイン
  • ROSSO=赤
  • BIANCO=白

フランスなら

  • VIN=ワイン
  • ROUGE=赤
  • BLANC=白

などなど。

ワインのラベルに書かれる情報は、主に5つ。

  • 商品名
  • 赤か白か
  • 生産地区名
  • ブドウ品種
  • 生産社名

こんなもんです。

地区名だけが、覚えてないとワケわかんないんで面倒ですが、今の時代スマホがありますからね!

ググれば、だいたい解ります。(笑)

使われる単語の種類なんて、たかが知れてるから、どこか「ワインラベル解析アプリ」なんて出してくれないだろか?

いかがでしょう!メルシャンさん!サントリーさんでもいいですよ!(笑)

 

このラベルも

Ronchedone (ロンケドーネ)商品名

Vino Rosso (ヴィーノ・ロッソ)ワイン・赤

Ca dei Frati (カ・デ・フラティ)会社名

これだけです。

 

これ、日本酒で例えると・・・

辛口一献(商品名)

普通酒 (酒の種類)

黄桜 (生産社名)

っていうだけなんで、なんだか高級そうに見えるワインも、普通の商品と変わらなかったりします。

まあ、このロンケドーネは5千円ぐらいなんで、高級品っちゃ高級品ですけどね!

買ったのかって?いえいえ貰い物です。(笑)

 

ロンケドーネ2014の感想

柔らかい口当たり、香り風味弱め。

そして、アルコール感も弱め。

樽香ほんのり。

 

でも、弱弱しく感じるか?と言えばそうでもなく。

すごい優しいお味です。

「おいしゅうごさまいます」と言いたくなる優しい美味しさ。

 

ちょっと特徴が掴みづらい所があって、全体的に「ふんわり」してます。

掴みづらいワケは、ネットで調べたら解ったんですが、使ってるブドウ品種が

  • マルツェミーノ
  • サンジョヴェーゼ
  • カベルネ・ソーヴィニヨン

この三種。

なるほど!

僕はイタリア・ワインには精通してないので、「マルツェミーノ」なる品種が知りませんでした。

 

あと、サンジョベーゼとカベルネの組み合わせってのも、あんまり無いんじゃないでしょうか?

と!思ったら、サンジョベとカベルネの組み合わせってのは、けっこうあるみたい。

イタリアの法律で10%までカベルネをブレンドしていいんだってさ!

(キアンティ・クラシコは15%までブレンド可能)

 

あかんな。イタリア・ワイン、勉強不足や。(苦笑)

素直に味だけ評価しよう。

 

それで、美味しいんですが、物足りないかもしれない。

ボルドー好きには複雑さが足りず、

ブルゴーニュ好きには香りが物足りず、

ニューワールド好きにはボリュームが足りない、

と思われそう。

 

旨いけど5000円で買うか?と言われたら微妙。

2000円なら、ケースで買っちゃいそう。

貰ったぶんざいで、ナマイキですが。(笑)

 

なめらかな高級感はあるんですよ。

ただ、すんごい深みは無い。

 

待ってても香りや味が開くタイプでも無さそうなので、こんなもんかな。

・・・て!思ったら、ありゃりゃ、二時間ぐらいすると

香りは開いて来ましたわ。(苦笑)

 

もう一回、同じ事言いますが

あかんな。イタリア・ワイン。勉強不足っすわ。(苦笑)

 

 

 

レクタングル大

レクタングル大

-ワインの感想, 旨かったワイン!

Copyright© うまい酒ブログ , 2018 All Rights Reserved.